簡単で無料!3Dパッケージを作成しよう 3D Shapes

3D package TOP

 

情報商材を売りにしているブログサイトなんか見てみると、サイドバーとかに、市販ソフトやDVD、アルバムなどの外箱をイメージしたパッケージ型の情報商材のバナーをよく見かけますね。

3Dになった外箱を作りたいんだけど、あれってどうやったら簡単に作れるのかなって思ったことありませんか?

今回は、3Dパッケージが無料のウェブサービス簡単に作れちゃう3D Shapesのご紹介です。

Sponsored Links

3D Shapesとは

3D Shapesは、ブラウザー上から画像を組み合わせていくだけで、簡単に外箱の画像が作れる無料のウェブサービスです。

例えば、以下のようなDVDのブックカバーが簡単に作れちゃいます。

DVDカバー

 

3D Shapesは、あなたの好きな角度や背景色、影の向きなんかも自由自在に調整できます。

 

では早速、3Dパッケージを作ってみましょう。

3Dパッケージの作り方

まずは、以下の3D Shapesのページへ行きましょう。

ここでは、あなたがカバーを作りたい本、CD、DVDから選ぶことができます。

3D packageページ

 

3D Shapesページ

 

Sponsored Links

完全無料3D Shapes の使い方

まずはパッケージにする画像を用意しよう

今回はこんな2枚の画像を用意してみました。

用意した画像

 

 

3Dカバーの形を選ぼう

3D Shapesで3Dカバーの形を選びます。

今回は、DVDを選びました。

DVD選択画面

 

 

画像ファイルを選択しよう

形を選んだら、先ほど用意しておいた画像ファイルを選択して、右上の「Render Scene」をクリックします。

画像ファイルを選択

 

 

 

作った画像を保存しよう

次に、無料版を選択します。無料版でも1000×750pxサイズなので十分ですよ。

無料版を選択
 
 
 
 
 
保存する画面になるので、右上の「Save lmage」をクリックして、あなたの好きな場所に3Dになった画像を保存します。
アップロード

 

 

おわりに

すごく簡単でしょ、情報商材のバナーを3D化して、商材の商品価値がグ~ンと上がった気がします。

 

無料で作成出来るので、おススメです。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA