GIMP 切り抜きツールの使い方【初心者ナビ】

GIMP切り抜きツールの使い方TOP

GIMPを使って、写真を切り抜きたいんだけど、どうやったら簡単にできるの?って困っていませんか?

「切り抜きツール」なら、自由なサイズはもちろん、正方形、指定のサイズや選択範囲を自動で縮小して切り抜くことが簡単にできるようになります。

操作はそんなに難しくないので、GIMP初心者のあなたもあっという間に画像を切り抜くことができるようになりますよ。

では早速「切り抜きツール」の使い方をマスターしよう!

Sponsored Links

切り抜きツールとは

GIMPの「切り抜きツール」は、簡単に画像の一部分を好きなサイズに切り抜くことができる便利ななツールです。切り抜くことを「トリミング」とも言いますね。

このツールの優れているところは、すべてのレイヤーに対して切り抜くことができるのはもちろん、レイヤーを指定して切り抜くこともできます。また、縦横比のサイズを指定することができるので、あなたが思っている大きさに切り抜くことができるので、画像の編集などにとっても便利です。

 

 

切り抜きツールの起動方法

切り抜きツール

「切り抜きツール」を使う場合は、以下の方法が用意されています。

  1. ツールボックスの「切り抜きツール」アイコン切り抜きツールアイコン
  2. メニューバーのツール変形ツール切り抜き
  3. キーボードShift+C

 

Sponsored Links

切り抜きツールを使ってみよう

画像を開こう

いつものようにGIMPを起動して、切り抜きたい画像をファイルなどから開きましょう。

今回は真ん中の人物を切り抜きてみましょう。

人物画像を用意

 

切り抜き範囲を決めよう

ツールボックスから「切り抜きツール」切り抜きツールアイコンを選びましょう。

選んだら、切り抜きたい画像の上にマウスを持っていき、ドラッグして範囲を決めましょう。

後で切り抜きたい範囲の調整は簡単にできるので今は大まかでも大丈夫ですよ。
ドラッグして範囲に

 

 

ドラッグして範囲を決めるとGIMPの初期設定では、「ハイライト表示」にチェックが入っているので、切り抜きたい部分以外は以下のように暗く表示されます。

ハイライト表示

 

 

切り抜き範囲を調整してみよう

そのままの大きさで移動するときには、切り抜き範囲の真ん中ぐらいにマウスを持っていき、マウスポインタが切り抜き移動アイコンになったら、ドラッグして位置を調整しましょう。

キーボードの方向キー(上下左右)でも移動できます。また、Shiftキーを押しながら方向キー(上下左右)で移動すると、25pxづつ移動することができます。
ドラッグして移動

 

 

拡大縮小の調整をするときには、切り抜き範囲の四隅にマウスを持っていき、マウスポインタが切り抜き範囲の拡大縮小アイコンになったら、ドラッグして大きさを調整しましょう。

キーボードの方向キー(上下左右)でも拡大縮小できます。また、Shiftキーを押しながら方向キー(上下左右)で拡大縮小すると、25pxづつ大きさを調整することができます。
切り抜き範囲の大きさを調整

 

 

切り抜きをしてみよう

範囲が決まったら、切り抜き範囲の上でマウスをクリックすると、簡単に切り抜くことができます。

キーボードのEnterキーを押すことでも切り抜くことができます。
切り抜き範囲の確定

 

 

これで「切り抜きツール」を使って、画像を切り抜くことができました。

画像のサイズは切り抜かれた大きさになります。
切り抜き完成

 

 

ツールオプション

ツールオプション

 

現在のレイヤーのみ

現在のレイヤーのみ

2つ以上のレイヤーがあるとき、アクティブなレイヤー(選択しているレイヤー)だけを切り抜くことができます。

 

 

拡大を許可

拡大を許可

「拡大を許可」にチェックを入れることで、キャンパスからはみ出した部分も切り抜き範囲となります。

このとき、はみ出した部分は透過になって、画像サイズに付け加えられます。

キャンパスからはみ出した部分は透過に

 

 

中央から拡げる

中央から拡げる

「中央から拡げる」にチェックを入れることで、最初にクリックしたところが中心となって、外に切り抜き範囲を拡げていくことができるようになります。

中央から拡げる

 

 

値を固定

値を固定

「値を固定」にチェックを入れることで、縦横比、幅、高さ、サイズが指定できます。

例えば、正方形で切り抜きをしたい場合は、「縦横比」を選び、「1:1」と入力します。

幅、高さも任意の数値を入力することで、決められた大きさに指定できるようになります。

 

決まったサイズにしたい場合は、値を固定する項目で「サイズ」を選び、固定したいサイズの数値を入力すれば、決まったサイズに固定されて切り抜き範囲を指定できます。

値を固定するサイズ

 

 

ハイライト表示

ハイライト表示

「 ハイライト表示 」にチェックを入れることで、切り抜き範囲以外の部分が暗くなるので、切り抜きたい範囲が一目でわかります。

ハイライトに

 

 

切り抜き範囲のガイド

ガイド選択

GIMPでは、切り抜き範囲内に分割ガイドを表示することができます。

ガイドを表示することで、構図が作りやすくなります。

表示しない

初期設定では「表示しない」になっています。

ガイド表示なし

 

 

センターライン

縦横それそれに中央線が入るのでセンターを決めたいときに便利です。

センターライン

 

 

三分割法

切り抜き範囲内に縦横それぞれ3分割したラインが表示されます。

三分割法

 

 

五分割法

切り抜き範囲内に縦横それぞれ5分割したラインが表示されます。

五分割法

 

 

黄金分割

黄金分割

 

 

対角線構図

対角線構図

 

 

選択範囲の自動縮小

選択範囲の自動縮小

切り抜き範囲を作成中に「選択範囲の自動縮小」のボタンを押すことで、対象物に対して選択範囲を自動的に縮小して合わせるようにします。

「すべての可視レイヤーを対象にする」にチェックを入れると、すべてのレイヤーに対して自動縮小が適用されます。

この機能は色や形がハッキリした対象の画像に適しています。
切り抜き範囲を自動で縮小

 

 

まとめ

GIMPの「切り抜きツール」は複雑な形で切り抜くことはできませんが、矩形で切り抜きたい場合には、すごく簡単にできる便利なツールですね。

ツールオプションの値を固定することで、決められた大きさや正方形で切り抜くことも簡単ですね。

以上、GIMPの切り抜きツールの使い方でした。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA