GIMPにフォントを追加してみよう

GIMPフォント追加TOP

GIMPには入ってない、かっこいいフォントやおしゃれなフォント、かわいいフォントなど、好みのフォントを追加したいって思っていませんか?

GIMPでお気に入りのフォントを使う場合は、大きく分けて2通りあります。

一つは、OSのフォントフォルダにインストールして使う方法。もう一つは、GIMPのフォントフォルダにインストールして使う方法です。

OSのフォントフォルダにインストールしてフォントを追加する方法は一般的なんですが、いっぱいフォントを追加していくと、初めからOSに入っているフォントと、追加したフォントがごちゃごちゃになってしまい管理が大変になってしまいますね。

仮に後から追加したフォントを削除したいときに、元々入っていたフォントと区別がつかなくなり、間違えて元々入っていたフォントを削除しちゃったなんてことにならないように、GIMPのフォントフォルダへの追加をおすすめします。

では早速、GIMPにフォントを追加してみよう!

Sponsored Links

GIMPにフォントを追加する方法

最初にGIMPをダウンロード&インストールすると、GIMPフォント専用のフォルダが作成されています。

お気に入りのフォントをダウンロードして、このフォント専用のフォルダの中に入れていけば、GIMPだけで使うフォントが追加されるので、フォントの管理がとってもしやすくなります。

 

 

フォントを追加する場所

Windows10の場合、GIMP専用フォントフォルダの場所は、初期設定では、以下の場所にあります。

Cドライブユーザーユーザー名.gimp-2.8fonts

このフォルダにダウンロードしたフォントを入れて、GIMPを起動すると反映されます。

フォントフォルダに追加

 

 

起動時にフォントの再読み込み

また、すでにGIMPを起動しているときは、ツールオプションからフォントのダイアログを開きます。

フォントダイアログを開く

 

 

フォントのダイアログを開いたら、ダイアログ下の真ん中にある更新アイコン更新ボタンを押してフォントをシステムから再度読み込みましょう。

フォント再読み込み

 

 

これで、GIMPを起動している時でもフォントを追加することができました。

 

 

フォントの保存場所を変更する方法

GIMPでは、あなたのすきな場所にフォントを保存することができます。

メニューバーから、編集設定をクリックしましょう。

設定

 

 

GIMPの設定ダイアログが開いたら、左の項目から「フォント」を選びましょう。

左の項目の「フォルダーアイコン」+をクリックすると「フォント」があります。

現在のフォント用フォルダー保存場所が表示されます。

変更するときは、フォルダの追加アイコンをクリックしてからフォルダの作成をクリックしましょう。

GIMPの設定画面

 

 

フォント用フォルダーの選択ダイアログが開くので、「フォルダの作成」をクリックして、あなたの保存したい場所にフォント用フォルダーを作成しましょう。

フォントフォルダの作成

 

 

Sponsored Links

GIMPでのフォントファイル形式

GIMPでは、初期設定でも以下のフォントファイル形式が使えます。

  • TrueType フォント形式 (及びコレクション)
  • Type 1 フォント形式
  • CID-keyed Type 1 フォント形式
  • CFF フォント形式
  • OpenType フォント形式 (TrueType と CFF の発展形の両方)
  • SFNT系ビットマップフォント形式
  • X11 PCF フォント形式
  • Windows FNT フォント形式
  • BDF フォント形式 (アンチエイリアスつきを含む)
  • PFR フォント形式
  • Type42 フォント形式 (限定的)

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPでフォントを追加する方法をご紹介しました。

ウェブデザインでの画像作成には欠かせないフォント。無料でダウンロードできるフォントがたくさんありますね。

お気に入りのフォントをGIMPに追加して、ロゴやデザインの作成に活用しましょう。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA