GIMP 前景抽出選択ツールの使い方【初心者ナビ】

前景抽出選択ツールの使い方TOP

GIMPには、いろんな用途にあわせた選択ツールがありますね。今回は、簡単に選択作業ができてしまうのに、思ったよりも正確な選択範囲になる「前景抽出選択ツール」の使い方をマスターしよう。

Sponsored Links

前景抽出選択ツールとは

GIMPの「前景抽出選択ツール」は、切り抜きたい画像の対象物を大まかになぞっていくだけで、色彩を自動で判別し選択範囲が作れてしまう楽ちんツールです。

前景抽出選択ツールの起動方法

GIMPで「前景抽出選択ツール」を使う場合は、以下の方法が用意されています。

  1. ツールボックスの「前景抽出選択」アイコンアイコン
  2. メニューバーのツール選択ツール前景抽出選択
  3. キーボードはありません

Sponsored Links

前景抽出選択ツールの使い方

今回、用意した画像はこちらです。

真ん中の人物だけを切り抜いてみましょう。

サンプル画像

 

 

前景を大まかに囲おう

囲う方法は2つあります。囲いたい対象物の周りをクリックしながら囲っていく方法と、ドラッグしながら囲っていく方法があるので、あなたがやりやすいほうで作業しましょう。

 

クリックして囲ってみよう

画像にマウスを持っていくと、ポインターが「わなげアイコン」わなげアイコンになっているので、真ん中の人物だけを左クリックしながらポイントを決めていき、大まかに囲っていきます。

左クリックで囲う

 

 

 

ぐるっと一周すると、初めに置いたポイントの丸が黄色くなるので、始点と終点をクリックして結びます。

結ぶ

 

 

 

ドラッグしながら囲ってみよう

囲いたい対象物のところにマウスを持っていき、始点を決めたら左クリックしたまま、ぐるっと一周していき、最後に始点と終点を結びます。

ドラッグしながら

 

 

 

始点と終点を結ぶと、選択した部分が明るい青色になり、選択していない部分は暗めの青色になります。

選択範囲

 

選択した部分をやり直したいときは、ツールボックスのどれでもいいんでツールを選択すると青いマスクが消えます。もう一度、「前景抽出選択」を選び初めから対象物を囲っていきましょう。

 

選択した領域を一筆書きでなぞろう

青いマスクがかかると、今度はマウスポインターが筆のアイコン筆アイコンになるので、先ほど選択した明るい青色になっている部分にマウスを持っていき、、左クリックしたまま一筆書きで大まかになぞります。

多少、はみ出したりしても気にしないでなぞりましょう。

なぞる

 

一筆書きでなぞる色は、今、描画色で選んでいる色でなぞられます。

 

 

一筆書きで切り抜きたい人物をなぞり、マウスの左クリックを放すと、対象物がハイライト表示されます。

ハイライト表示

 

 

 

前景の抽出部分を修正しよう

次に、先ほど大まかに一筆書きでなぞった前景部分で、前景と認識されていない部分を塗りつぶしていきます。

対象物の画像が小さいときには拡大すると作業がしやすくなります。

前景調整

 

 

 

対象物の青色のところにマウスを持っていき、左クリックしたままなぞり、マウスを放すと前景として認識されるように、すべての個所を修正していきます。

修正

 

ブラシの大きさを変えることで、細かな作業をすることもできます。

ツールオプション 小さいブラシ↔大きいブラシ

 

 

 

前景となる人物の修正ができました。

前景調整OK

 

 

背景部分を修正しよう

次に前景となる人物の修正ができたところで、今度は人物の周りが白く残っている部分の背景を修正していきます。

「前景抽出選択ツール」のツールオプションの中に「抽出部分の修正」で「背景部分をマーク」を選択することで修正できるんですが、キーボードのCtrlキーを押すことで簡単に切り替えることができます。

Ctrlキーを押すとマウスポインターが背景部分修正アイコンのアイコンになるので、前景部分の修正と同じくマウスをドラッグしながら修正していきます。

背景修正

 

 

 

前景部分と背景部分が修正できました。

修正完了

 

 

 

人物を切り抜いてみよう

前景となる人物の部分が綺麗に抽出できたら、キーボードのEnterキーを押して選択範囲を確定します。

すると、真ん中の人物だけが以下のように点線で囲まれます。

選択範囲が確定

 

 

 

次に、今のままの選択範囲だと、残したい人物が切り取られてしまい背景だけが残ってしまうので、選択範囲を逆にしましょう。

メニューバーから、選択選択範囲の反転をクリックします。

選択範囲の反転

 

 

 

あとはキーボードのDeleteキーを押すか、メニューバーから、編集消去をクリックすると、今選んである背景色で塗りつぶされます。

背景色で塗りつぶし

 

 

 

人物だけ切り抜いて背景を透過(透明)にしたい場合は、消去をするまでにアルファチャンネルを追加する必要があります。

メニューバーから、レイヤー透明部分アルファチャンネルの追加を選択しましょう。

アルファチャンネルの追加

 

 

 

アルファチャンネルを追加したら、あとはキーボードのDeleteキーを押すか、メニューバーから、編集消去をクリックすると、背景が透過(透明)になります。

透過

 

 

 

前景抽出選択ツールに欠かせないオプション

GIMPの前景抽出選択ツールにはツールオプションがあります。

ツールオプション

 

モード

モード

選択範囲を置き換えたり、加えたり、引いたりできる、各「選択ツール」共通のオプションです。

詳しい使い方は、モードをご覧ください。

なめらかに

なめらかに

「なめらかに」にチェックを入れることで、境界部分が滑らかになります。

 

境界をぼかす

選択範囲の境界をぼかすことができます。

このオプションも選択ツールの共通オプションになります。

詳しい使い方は境界をぼかすをご覧ください。

 

単一領域を選出

単一領域を抽出

このオプションにチェックを入れることで、一筆書きでなぞった部分の隣接した同じ色が、選択範囲となります。

 

また、チェックを外すと、一筆書きでなぞった領域の抽出部分の色が、離れている場所でも選択範囲となります。

例えば、以下のように画像を大まかに囲ってみます。

画像を大まかに囲う

 

 

 

次に、一筆書きで赤色のクリップ1つだけをなぞってみます。

なぞってみる

 

 

 

すると、以下のように領域内の同じ色を抽出して、ほかの離れている場所の赤色グリップも選択範囲として認識されます。

抽出されたクリップ

 

 

抽出部分の修正

抽出部分の修正

「前景部分をマーク」の時は、抽出領域に加えたいところをブラシでなぞって前景部分の修正を行うことができます。

「背景部分をマーク」の時は、抽出領域から除きたいところをブラシでなぞって修正を行うことができます。

 

小さいブラシ↔大きいブラシ

ブラシの値

一筆書きでなぞるとき、抽出部分の修正をするときの、ブラシの大きさを変えることができます。

 

スムージング

スムージング

小さな数値にすることで、一筆書きでなぞった場所が緻密に選択できますが、穴が空いてしまったりすることがあります。

 

プレビュー色

プレビュー色

背景部分のマスクの色を赤・緑・青のすきな色に変えることができます。

 

色感度

色感度調整

濃淡の異なる同系色が多い画像を使う場合、色の感度を上げることで調整ができます。

L:0=黒  100=白

a:緑寄り↔マゼンタ寄り

b:青寄り↔黄色寄り

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPの選択ツールの一つ、前景抽出選択ツールの使い方をご紹介しました。

この選択ツールの良いところは、大まかになぞるだけで、対象物の選択範囲を作成することができるから楽ちんですね。(画像によっては、修正を加えることになりますが…)

GIMPは、ほかにも選択ツールの一つがあるので、画像にあわせてツールを使い分けましょう。

以上、GIMPの前景抽出選択ツールの使い方でした。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA