GIMPで省略線・波線を描いてみよう

GIMP省略線TOP

GIMPを使って、長い文章や図などの途中を省略線を描いて短くしたいんだけど、どうやってするんだろうって困っていませんか?

今回は、GIMPのフィルター機能を使って、簡単で綺麗な波線を引いて、省略線を描く方法をご紹介します。

それでは早速、省略線を作成してみよう。

Sponsored Links

省略線を描く方法

GIMP2.8を使用して説明しています。

 

画像を開こう

いつものようにGIMPを起動して、省略線を描きたい画像を開きましょう。

今回は、棒グラフの画像を用意してみました。

棒グラフの画像

 

 

画像を短くしよう

省略線を描くということは、画像を短くしたいので、まずは適当なところでカットして繋げましょう。

(用意した画像は長くはないんですが…)

ツールボックスから「矩形選択ツール」矩形選択アイコンを選び、画像の下の部分を選択範囲にしましょう。

GIMP2 矩形選択ツールの使い方【初心者ナビ】

下を選択

 

 

次にメニューバーから編集コピーをクリックしましょう。

マウスを右クリックして編集コピーもできます。
コピーする

 

 

コピーしたら、メニューバーから編集貼り付けをクリックしましょう。

貼り付ける

 

 

貼り付けたら、レイヤーのダイアログに「フローティングレイヤー選択範囲」の仮レイヤーが表示されます。

この貼り付けたフローティングレイヤーを、「新しいレイヤーを画像に追加」のアイコンをクリックして、通常のレイヤーに変換して、編集可能なレイヤーにしましょう。

レイヤーを追加
貼り付けられたレイヤーの上でダブルクリックして、レイヤー名を変更することでも編集可能なレイヤーに変わります。

 

 

レイヤーダイアログで、「下の部分」のレイヤーが選択されていることを確認しましょう。

次に、ツールボックスから「移動ツール」移動ツールアイコンを選び、先ほど下の部分を選択した範囲にマウスを持っていき、1回だけ左クリックしましょう。

クリックしたら、キーボードの方向キーで、あなたが思う位置まで移動しましょう。

上に移動
マウスでも移動できますが、キーボードの方向キーで移動するほうがズレる心配がありません。

 

 

移動したら、今度はダイアログから「棒グラフの画像」レイヤーを選択しましょう。

棒グラフの画像を選択

 

 

選択したら、ツールボックスから「矩形選択ツール」矩形選択アイコンを選び、画像の必要な部分を選択範囲にしましょう。

GIMP2 矩形選択ツールの使い方【初心者ナビ】

必要な部分を選択範囲に

 

 

次に、メニューバーから画像選択範囲で切り抜きをクリックしましょう。

選択範囲で切り抜き

 

 

これで、棒グラフの画像を短くすることができました。

短くできた

 

 

省略線を描こう

画像が短くできたので、いよいよ省略線を作成していきます。

レイヤーを追加しよう

メニューバーからレイヤー新しいレイヤーの追加でレイヤーを追加しましょう。

レイヤーの塗りつぶし方法は「透明」にしましょう。
新しいレイヤーの追加

 

 

省略線の太さや幅を決めよう

ツールボックスから「矩形選択ツール」矩形選択アイコンを選び、省略線を描きたいところを選択範囲にしましょう。

ここで選択した範囲が、省略線の幅や太さの基準になります。
省略線を描きたい場所を選択範囲に

 

 

省略線を塗りつぶそう

次に、ツールボックスの描画色を白色(#FFFFFF)にして、「塗りつぶしツール」塗りつぶしツールアイコンを選び、選択範囲を塗りつぶしましょう。

白色で塗りつぶす

 

 

塗りつぶしたら、メニューバーから選択選択を解除で選択範囲を解除しましょう。

選択を解除

 

 

波線に変形させよう

メニューバーからフィルター変形波紋をクリックしましょう。

波紋を選択

 

 

波紋のダイアログが開くので、「向き」を垂直にして、「波長」をあなたが思う感じになるまでプレビューを見ながら調整していきましょう。

今回は、波長を100にしました。

波長の数値を大きくするほど緩やかになります。

思い通りの波長になったら「OK」をクリックしましょう。

波紋のダイアログ画面

 

 

波線はできましたが、省略線としてわかりづらいので、縁取りをつけましょう。

省略線ができた

 

 

縁取りをつけよう

省略線のレイヤーを選択して、レイヤーの上で右クリックして不透明部分を選択範囲にをクリックしましょう。

不透明部分を選択範囲に

 

 

省略線が選択範囲になったら、メニューバーから選択選択範囲の拡大をクリックしましょう。

選択範囲の拡大

 

 

選択範囲の拡大ダイアログが開くので、拡大量を決めましょう。

今回は2pxにしました。

拡大ダイアログ画面

 

 

次に、メニューバーからレイヤー新しいレイヤーの追加を選択してレイヤーを追加しましょう。

レイヤーの塗りつぶし方法は「透明」にしましょう。
新しいレイヤーの追加

 

 

レイヤーのダイアログから、先ほど作成した縁取り用のレイヤーを、省略線レイヤーの下に移動しておきましょう。

縁取り用のレイヤーを選択したままにしておきましょう。
縁取りレイヤーを移動

 

 

次に、ツールボックスから描画色を黒色(#000000)に変更して、「塗りつぶしツール」塗りつぶしツールアイコンを選び、省略線の上でクリックして塗りつぶしましょう。

黒色で塗りつぶす

 

 

あとはメニューバーから選択選択の解除をクリックしましょう。

選択を解除

 

 

Sponsored Links

出来上がり

これで、GIMPを使って画像を短くして省略線を描くことができました。

GIMPで省略線の完成

 

 

おわりに

GIMPを使って、省略線を描く方法をご紹介しました。

省略線の縁取りをする場合、編集から「選択範囲の境界線を描画」でもできるんですが、縁取りの線が粗くなって汚くなってしまうので、上記の方法で縁取りをしたほうが、きれいな線が描けます。

今回の省略線は定番の白色で縁取りを黒色にしましたが、いろんな色を使い、太さも変えてみると、省略線以外にも使えそうですね。

ぜひ、お試しを。

お疲れ様でした。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA