GIMP 修復ブラシの使い方【初心者ナビ】

GIMP 修復ブラシの使い方TOP

GIMPの「修復ブラシ修復ブラシアイコン」ツールの基本的な使い方をご紹介します。「修復ブラシ」ツールを使うと、商品写真の汚れやキズ・ゴミ、人物写真のシミやそばかす、ほくろやニキビなど不要な部分を簡単に取り除くことができる画像の加工にはとっても便利なツールです。

それではさっそく「修復ブラシ」の使い方を覚えてGIMPを使いこなしてみよう!

Sponsored Links

修復ブラシとは

GIMPの「修復ブラシ修復ブラシアイコン」は描画ツールの一つです。このツールの優れているところは、写真に不要な部分があり消したい場合、その周辺にある適切なピクセル情報を取り込んで、不要な部分をブラシでなぞったりクリックしていくだけの簡単操作で周囲となじませて消すことができるので写真の修正などに適したツールです。

「スタンプで描画スタンプで描画アイコン」ツールを使って自然な感じでなじまないときは、こちらの「修復ブラシ」を使うといいでしょう。

 

修復ブラシの使用方法

修復ブラシ

GIMPで「修復ブラシ」を使う場合は、以下の方法が用意されています。

  • ツールボックスの「修復ブラシ」アイコン修復ブラシアイコン
  • メニューバーからツール描画ツール修復ブラシ
  • キーボード(ショートカットキー)H

 

キー操作

CtrlCtrlキーを押しながら左クリックすることで、転写元のピクセル情報を取り込むことができます。

shift転写元のピクセル情報を取り込んだ後shiftキーを押すことで直線ガイド表示されます。ガイドが表示された状態で左クリックすると直線ガイドに沿って修正することができます。

 

 

Sponsored Links

修復ブラシの使い方

「修復ブラシ」ツールの使い方はとっても簡単です。以下の手順に沿っていっしょに画像を修正してみましょう。

 

画像を開こう

いつものようにGIMPを起動して、修正をしたい画像を開きましょう。

Link簡単に画像を開くにはGIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

今回は下の写真を用意しました。この人物の耳にあるピアスを消す方法をご紹介します。

修復ブラシで修正する前の写真

 

 

修復ブラシで不要な部分を消してみよう

画像を開いたら、ツールボックスから「修復ブラシ修復ブラシアイコン」ツールを選びましょう。

修復ブラシツールを選択

 

 

次に、「修復ブラシ」のツールオプションでブラシの設定をしましょう。

今回は、ピアスを消したいので、ブラシの形状を「2. Hardness 050」、ブラシのサイズをピアスぐらいの大きさにして、残りの設定は初期設定のままにしました。

Linkブラシのサイズをマウスホイールで操作できます。GIMPのブラシサイズをマウスホイールで操作しよう

修復ブラシの設定

 

 

ツールオプションの設定ができたら、ピアス付近の肌にマウスポインタを持っていき、キーボードのCtrlキーを押しながらマウスを左クリックしましょう。

キーボードのCtrlキーを押しながらマウスを左クリック

 

 

キーボードのCtrlキーを押しながらマウスを左クリックすると、ピアス付近の適切なピクセル情報が取り込まれます。次にそのままマウスポインタをピアスに持っていき、左クリックしましょう。

ピアスの上で左クリック

 

 

ピアスの上で左クリックすると、先ほど取り込まれたピクセル情報をピアスの上でなじませて描画するのでピアスが消えました。

左クリックしてピアスが消えないときは、ピアスをなぞるようにマウスを左クリックしながら動かすと消すことができます。
ピアスが消えた

 

 

修正前と修正後を比べてみると、「修復ブラシ」を使うと自然な感じで仕上がりますね。

このようにGIMPの「修復ブラシ」ツールを使うと、画像の不要な部分を消すことができます。

修正前と修正後

 

 

修復ブラシのツールオプション

GIMPの「修復ブラシ」には以下のツールオプションが用意されています。

修復ブラシのツールオプション

 

 

不透明度、ブラシ、サイズ、縦横比、角度、動的特性、散布、手ブレ補正

不透明度、ブラシ、サイズ、縦横比、角度、動的特性、散布、手ブレ補正の設定は描画ツールの共通オプションです。

Link詳しくはGIMP ブラシの使い方【初心者ナビ】をご覧ください。

 

ハードエッジ

ハードエッジ

「ハードエッジ」にチェックを入れることで、ブラシの形状に関係なく不完全消去を防ぐことができます。(ぼかしを無効にして描画します。)

ハードエッジ比較

 

 

見えている色で

見えている色で

「見えている色で」にチェックを入れることで、アクティブ(選択中)のレイヤーだけに限らず、すべてのレイヤーに対して修復が行われます。

 

 

位置合わせ

位置合わせ

「位置合わせ」では、「なし」「揃える」「登録されたもの」「固定」の中から転写元の位置を設定できます。

なし

転写元の設定した転写位置で転写します。クリックして転写位置を変えても転写元は変わりません。

位置合わせなし

 

揃える

転写位置を変えると、転写元も同時に移動します。

揃える

 

登録されたもの

選択中のレイヤー以外に別ウィンドウで開いているレイヤーの画像から転写元を選ぶときに使用します。

登録されたもの

 

固定

転写元の位置が固定されたままなので、同じ画像が連続で転写されます。

固定

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPの「修復ブラシ」の基本的な使い方をご紹介しました。今回は、ピアスの除去に「修復ブラシ」を使いましたが、ほかにもホクロ、シミ、ニキビなどの除去や、電線を消したりと様々な画像の編集で使用できます。いろいろ試してみてくださいね。お疲れ様でした。

LinkGIMP 顔写真のほくろやニキビを消して美肌にしてみよう

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA