GIMPでシンプルなリボン風ラベルを作ってみよう

GIMP リボン風ラベルTOP

今回は、GIMPを使って、バナーやサイトなどで、よく見かけるシンプルなリボン風ラベルの作り方をご紹介します。

「リボン風ラベル」の作成は、複雑そうに思えますが、案外簡単に出来ちゃいます。

それでは早速、チャレンジしてみよう。

Sponsored Links

リボン風ラベルを作成する方法

シングルウィンドウモードで説明しています。

まずは、GIMPを起動して、新しい画像を開きましょう。

 

レイヤーを追加しよう

開いたら、メニューバーから、レイヤー新しいレイヤーの追加をしましょう。

レイヤー塗りつぶし方法は「透明」にしましょう。
新しいレイヤーの追加

 

 

長方形の部分を作成しよう

ツールボックスから、「矩形選択ツール」矩形選択アイコンを選び、あなたが思っているリボンの大きさで、長方形をキャンパスに選択しましょう。

GIMP2 矩形選択ツールの使い方【初心者ナビ】

長方形を選択

 

 

塗りつぶそう

ツールボックスから、「塗りつぶしツール」塗りつぶしツールアイコンを選び、長方形の選択範囲を、あなたが思っている色で塗りつぶしましょう。

塗りつぶす

 

 

少し暗い色で長方形を作成しよう

今度は、リボンの両端を作成しましょう。

先ほど、塗りつぶした長方形の選択範囲を解除しないで、もう一回、新しいレイヤーを追加しましょう。

新しいレイヤーの追加

 

 

新しいレイヤーを追加したら、「塗りつぶしツール」塗りつぶしツールアイコンを選び、描画色を先ほど塗りつぶした色より少し暗めの色に変更して、塗りつぶしましょう。

暗めの色で塗りつぶす

 

 

選択を解除しよう

次に、ツールバーから選択選択を解除をクリックしましょう。

解除したら、最初に作成した長方形のレイヤーの「目」のアイコン目のアイコンをクリックして表示しないように隠しましょう。

選択範囲の解除

 

 

リボンの端を作成しよう

折り返したリボンの端を作成しましょう。

ツールボックスから、「矩形選択ツール」矩形選択アイコンを選び、暗めの色で作成した長方形の端を、適当な大きさに選択しましょう。

リボンの端を選択

 

 

切り抜こう

リボンの端になる部分を選択したら、メニューバーからレイヤー選択範囲で切り抜きをクリックしましょう。

選択範囲で切り抜き

 

 

選択を解除しよう

リボンの端を切り抜いたら、メニューバーから選択選択を解除をクリックしましょう。

選択を解除

 

 

端を三角に切り抜こう

ここでは、リボンの端を三角に切り抜きます。

ツールボックスから、「パスツール」パスツールアイコンを選び、三角を作成しましょう。

GIMP パスツールの使い方【初心者ナビ】

三角形が作成できたら、「パスを選択範囲に」をクリックしましょう。

パスを選択範囲に

 

 

三角形の選択範囲ができたら、メニューバーから編集消去をクリックしましょう。

 

 

三角形の部分を消去したら、メニューバーから選択選択を解除をクリックしましょう。

選択を解除

 

 

リボンの端を移動しよう

レイヤーのダイアログから、一番最初に作成した長方形のレイヤーを、一番上に移動しましょう。

移動したら、「目」のアイコン目のアイコンを表示して、長方形が見えるようにしましょう。

長方形のレイヤーを表示

 

 

リボンの端のレイヤーを選択して、ツールボックスから、「移動ツール」を選び、キャンバスの上で一回マウスをクリックして、キーボードの方向キーであなたが思っている位置まで、リボンの端を移動しましょう。

直接、マウスをドラッグしながらでも移動はできますが、方向キーのほうが位置を決めやすいでしょう。
リボンの端を移動

 

 

リボンの端に影をつけよう

リボンの端を移動したら、折り返しの影を付けます。

メニューバーから、レイヤー新しいレイヤーの追加をクリックして、レイヤーを追加しましょう。

レイヤーの塗りつぶし方式は「透明」です。

レイヤーを追加したら、ツールボックスから、「パスツール」パスツールアイコンを選び、リボンの折り返し部分となる三角をパスで作成しましょう。

作成したら、「パスを選択範囲に」をクリックしましょう。

パスを選択範囲に

 

 

パスを選択範囲にしたら、影になる色を描画色で選択しましょう。

色が決まったら、ツールボックスから、「塗りつぶしツール」塗りつぶしツールアイコンを選び、折り返し部分を塗りつぶしましょう。

影の部分を塗りつぶす

 

 

塗りつぶしたら、ツールバーから、選択選択を解除しましょう。

選択を解除

 

 

リボンの端と影のレイヤーを一つにしよう

先ほど作成した影のレイヤーはリボンの端レイヤーの上にあると思います。

影のレイヤーの上にマウスポインタを持っていき、右クリックして、下のレイヤーと統合をクリックしましょう。

レイヤーの統合

 

 

リボンの端のレイヤーを複製しよう

次に、統合したレイヤーの上にマウスポインタを持っていき、右クリックしてレイヤーの複製をクリックしましょう。

レイヤーの複製

 

 

複製したレイヤーを反転しよう

複製(コピー)したレイヤーが選択されていることを確認して、メニューバーから、レイヤー変形水平反転をクリックしましょう。

水平反転

 

 

水平反転したら、もう片方のリボンの端が出来ました。

この時、位置がズレていたらツールボックスの「移動ツール」を使ってキーボードの方向キーで調整しましょう。

方向キーの上下は動かさずに、左右だけで調整しましょう。
方向キーで調整

 

 

これで、GIMPを使ってシンプルなリボン風ラベルが出来上がりました。

リボン風ラベルの出来上がり

 

 

リボン風ラベルに曲線をつけてみよう

リボン風ラベルに曲線をつけて、ちょっとだけおしゃれにしてみましょう。

先ほど作成した長方形、リボンの端、リボンの端コピーの3つのレイヤーを1つのレイヤーにまとめましょう。

レイヤーダイアログの上から順番にレイヤーの上にマウスポインタを持っていき、右クリックして下のレイヤーと統合していきましょう。

レイヤーの統合

 

 

レイヤーを一つにしたら、メニューバーから、フィルター変形対話的歪めをクリックしましょう。

対話的歪め

 

 

すると、対話的歪めのダイアログが開くので、歪めモードを「移動」にして、歪める半径・歪める量とも最大にしましょう。

次に、プレビュー内でマウスをドラッグすると、曲線を描けるので、あなたが思っている曲線までドラッグしましょう。

曲線が決まったら、「OK」をクリックしましょう。

曲線をつける

 

 

これで、GIMPを使って、リボン風ラベルが曲線になって少しおしゃれになりました。

リボン風ラベルが曲線に

 

 

Sponsored Links

おわりに

いかがでしたか?GIMPを使ってリボン風ラベルの作り方をご紹介しました。

リボンを作成するのは、難しそうな気がしますが作ってみると案外簡単ですね。

GIMPにはフィルターに「カーブに沿って曲げる」機能がありますが、これを使ってリボンを曲線にすると線がガタガタになってしまいます。図形などを曲線にするときは、「対話的歪め」を使うといいでしょう。

曲線になったリボンに、曲線の文字を入れるには、GIMPでテキストをカーブに沿って配置してみようをご覧ください。

お疲れ様でした。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA