GIMP 選択範囲の画像を移動してみよう

GIMP選択範囲を移動TOP

GIMPを使って、写真などの画像の一部分を選択範囲にして移動したいんだけど、選択範囲の境界線だけ移動して画像が移動できない、キャンバス内の画像全体が動いてしまう、または、移動はできるんだけど、画像のあった部分が白色などで空白になってしまい、選択範囲だけを移動することができないって困っていませんか?

今回は、GIMPで選択した部分を空白にならないように移動する方法を、あなたにもわかりやすくご紹介します。

それでは早速、やってみましょう。

Sponsored Links

選択範囲を移動する方法

以下の手順は、GIMP2.8を使ってシングルウィンドウモードで説明しています。

 

画像を開こう

GIMPを起動して、メニューバーのファイル開く/インポートから画像を開きましょう。

画像を開く

 

 

選択範囲を作成しよう

今回は、ツールボックスから「矩形選択ツール」を選び、選択範囲を作成します。

GIMP 矩形選択ツールの使い方【初心者ナビ】

楕円選択ツールを使っても同じことができます。

選択範囲を作成

 

 

選択する部分が決まったら、選択範囲内で、左クリックするか、キーボードのEnterキーを押して選択範囲を確定しましょう。

選択範囲の確定

 

 

選択範囲を移動してみよう

選択範囲を移動する場合、元の位置を切り抜いたように空白にして移動する方法と、空白にしないで移動する方法の2つがあります。

選択範囲を移動するときのツールは、矩形選択ツールを選んだままにしていきましょう。

 

空白にして移動してみよう

キーボードのCtrl+Altキーを同時に押しながら、マウスをドラッグして移動しましょう。

空白にして移動

 

 

画像の選択部分が空白になって、選択範囲の移動ができましたね。

このとき、切り抜いて移動した画像は、点滅した点線で囲われていて、フローティング選択範囲の状態になります。

フローティングレイヤーとは、まだ固定されていない仮のレイヤーのことです。フローティングレイヤーがある状態では、ほかのレイヤーで作業することはできないので、通常のレイヤーに変換する必要があります。

移動した部分の画像を通常のレイヤーとして使うときには、新しいレイヤーを追加する必要があるので、レイヤーダイアログ下の「新しい画像をレイヤーに追加します」新しい画像をレイヤーに追加アイコンをクリックしましょう。

新しい画像を追加

 

 

新しい画像をレイヤーに追加したことで、移動した画像のフローティング選択範囲が解除されて、通常のレイヤーに変換されました。

通常のレイヤーに

 

 

移動した選択範囲の部分を、元の画像に統合して固定したいときには、レイヤーダイアログの下にある碇のアイコン碇アイコンをクリックしてフローティングレイヤーを固定しましょう。

フローティングレイヤーを固定

 

 

これで、元の画像とフローティングレイヤーが統合して1つのレイヤーになりました。

レイヤーの結合

 

 

空白にしないで移動してみよう

元の画像を空白にしないで移動するときには、キーボードのShift+Altキーを押しながら、マウスをドラッグして移動しましょう。

ドラッグしながら移動

 

 

これで元の画像が空白にならないで、選択範囲を移動することができましたね。

先ほど同様、移動した選択範囲は点滅した点線で囲われていて、フローティング選択範囲になっているので、移動した選択範囲の画像を通常のレイヤーとして使うときには、新しいレイヤーに追加しましょう。

新しい画像をレイヤーに追加

 

 

新しい画像をレイヤーに追加したことで、移動した画像のフローティング選択範囲が解除されて、通常のレイヤーに変換されました。

通常のレイヤーに変換

 

 

移動した選択範囲を、元の画像に統合して固定したいときには、レイヤーダイアログの下にある碇のアイコン碇アイコンをクリックしてフローティングレイヤーを固定しましょう。

フローティングレイヤーを固定

 

 

これで、元の画像とフローティングレイヤーが統合して1つのレイヤーになりました。

レイヤーが統合

 

 

Sponsored Links

まとめ

いかがでしたか?GIMPを使って、選択範囲内の画像を移動する方法をご紹介しました。

選択範囲内で移動した画像は、フローティング選択範囲という一時的なレイヤーになるので、通常のレイヤーに変換することを覚えておきましょう。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA