GIMPで綺麗な曲線の矢印を描いてみよう

GIMP 矢印 SG Arrow Stroke Path TOP

GIMPを使って、きれいな曲線の矢印を簡単に描きたいって思ったことありませんか?

矢印を描くには、パスやブラシを使ったりして作成する方法がいくつかありますが、今回はスクリプトを導入して、曲がった矢印を簡単に描いてみよう。

Sponsored Links

Arrow Stroke Path スクリプト導入方法

まずは、曲線が描けるArrow Stroke Pathというスクリプトを、以下の配布しているページからダウンロードしましょう。

 

ダウンロードページ

 

スクリプトのダウンロード方法は、ページを開くと下のほうにGIMP2.8用 sg-arrow-stroke-path.zipファイルがあるので、クリックしてあなたのわかりやすい場所に保存しましょう。

スクリプトダウンロード画面

 

今回はダウンロードしたファイルがわかりやすいようにデスクトップに保存しました。

sg-arrow-stroke-path.zip

 

 

先ほどデスクトップに保存したsg-arrow-stroke-path.zipファイルを、解凍しましょう。

解凍すると、sg-arrow-stroke-path.scmファイルがあるので、そのファイルを右クリックしてコピーするか、ドラッグアンドドロップして、以下の順でGIMPのscriptsフォルダの中に入れましょう。

【Windows10の場合】

Cドライブユーザーユーザー名.gimp-2.8scriptsの順で開き、sg-arrow-stroke-path.scmファイルを以下のようにscriptsの中に入れましょう。

ファイル移動

 

 

scriptsの中にsg-arrow-stroke-path.scmファイルが入ったら、GIMPを起動して、ちゃんと矢印のスクリプトが入っているか確認してみましょう。

メニューバーから、編集の中に矢印ストロークパスが入っていればスクリプトの導入は成功です。

GIMPを起動している場合は、メニューバーから、フィルタScript-Fuスクリプトを再読み込みでも追加したスクリプトが使えるようになります。

 

矢印スクリプト

 

 

曲線の矢印を描いてみよう

メニューバーから、ファイル新しい画像を作成しましょう。

画像を作成

 

 

 

次に、ツールボックスから「パスツール」を選択しましょう。

Linkパスツールの詳しい使い方は、GIMP パスツールの使い方【初心者ナビ】をご覧ください。

パスツールを選択

 

 

 

GIMPのキャンバスに、あなたが思っている曲がった矢印の線を描きましょう。

パスで曲線

 

 

 

線を描いたら今度は、矢先にしたいアンカーの上にマウスを持っていきます。

今のマウスのポインターはポンターになっていますね。

ポンター

 

 

 

パスのアンカーポイントがアクティブのなっていることを確認しましょう。アクティブになっていないときは、矢先にしたいアンカーポイントの上で1回だけ左クリックすると、アクティブになります。

次に、アンカーポイントにマウスを置いたままキーボードのCtrlを押し続けます。

パスツールのツールオプションで「編集モード」を「編集」に選択することで、キーボードのCtrlを押したままの状態になります。

 

 

するとマウスポインターがポインター編集にかわるので、矢印の矢先にしたいアンカーポイントからハンドルを引き出しましょう。

この引き出したハンドルが矢先のガイドとなるので、角度や大きさを調整しましょう。

ハンドルを引き出す

 

 

 

ハンドルを引き出し、あなたが思う矢印の角度や大きさにしたら、メニューバーから、編集矢印ストロークパスをクリックすると、以下のように曲線の矢印ができます。

線の太さは、矢印の大きさで自動的調整されます。

曲線の矢印が完成

 

 

 

このスクリプトを使えば、当然直線の矢印を描くこともできます。

直線の矢印

 

 

 

矢印を描くときは特になんの設定もないので、簡単に描くことができる便利なツールですね。

写真や画像に矢印を加えたいときになどにぜひどうぞ。

曲線の矢印サンプル

 

 

以上、GIMPを使って、曲線の矢印を描いてみようでした。

お疲れ様でした。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA