GIMP ズームツールの使い方【初心者ナビ】

ズームTOP

GIMPで細かい部分を拡大して、画像の編集や加工の作業をスムーズにしたいって思ったことありませんか?

例えばパスツールを使っての編集は頻繁に拡大したりすることが多いと思うので、「ズームツール」のショートカットキーなどの操作方法を覚えておけばとっても便利です。

Sponsored Links

ズームツールとは

「ズームツール」は、画像の上でマウスをクリックするごとに、一定の割合でズームが変化していきます。

最大25600%までズームインできます(ここまでズームインして作業することないと思いますが…)

もちろん、逆に画像の縮小も可能です。

また、画像の大きさに合わせてウィンドウのサイズも自動で表示できる設定もあるので画像編集作業がスムーズに行うことができる便利なツールです。

 

「ズームツール」は表示倍率を調整するツールなので、画像サイズを変更するツールではありません。

 

ズームツールの使用方法

GIMPで「ズームツール」を使う場合は、以下の方法が用意されています。

ツールボックス

 

  1. ツールボックスの「ズーム」アイコン(虫眼鏡)ズームアイコン
  2. メニューバーのツールズーム
  3. キーボード(ショートカットキー)Z

 

Sponsored Links

ズームツールの使い方

使い方はとっても簡単です。

「ズームツール」はGIMPの初期設定で「拡大」が選択されています。

初期設定では拡大に

 

拡大してみよう

ズームしたい画像の上にマウスを持っていくと、マウスポインターが(+)+ポインターになっているので、あとは左クリックしていくと以下のように一定の割合で拡大していきます。

拡大操作

 

 

ズームしたいところでマウスをドラッグして囲い離すと以下のように囲った部分が拡大することができます。

ドラッグで拡大

 

 

縮小してみよう

縮小

 

画像を縮小したいときは、「ズームツール」のツールオプションの「縮小」を選択するとマウスポインターが(-)-ポインターになるので画像の上で左クリックしていくと、一定の割合で縮小できます。

縮小

 

 

また、ズームインしたときのように、マウスをドラッグして囲い離すと以下のように画像が縮小できます。

ドラッグで縮小

 

 

上記の方法は、ツールオプションの「縮小」を選択して縮小してみましたが、「拡大」のままでもキーボードのCtrlキーを押しながら左クリックしていくことで小さくできます。

 

 

ツールオプション

ツールオプション

「ズームツール」のツールオプションは「拡大」「縮小」「ウィンドウの自動リサイズ」だけの簡単な機能です。

 

ウィンドウの自動リサイズ

自動リサイズ

チェックを入れることで、マウスをドラッグして囲った部分がズームしたとき、ウィンドウの大きさもズームにあわせて拡大します。

逆に縮小したときには、ウィンドウのサイズも画像に合わせて小さくなります。

 

拡大・縮小

初期設定では「拡大」になっています。このときは画像をクリックするごとに拡大していきます。

縮小を選択すると、クリックするごとに縮小していきます。

また、キーボードのCtrlキーを押すことで「拡大」「縮小」の切り替えが簡単に行えます。

 

拡大・縮小の番外編

他の作業中でもツールボックスの「ズーム」を選ばないで、拡大・縮小することができます。

 

マウスホイール回転で拡大・縮小

キーボードのCtrlキーを押しながら画像の上にマウスを持っていき、マウスホイールを回転することで簡単に拡大・縮小できます。

マウスホイールでズーム

 

 

ステータスバーから%数値を変更

ウィンドウの下にあるステータスバーの拡大率から%数値を選ぶことで拡大することができます。

ステータスバー

 

数値またはプルダウンメニューの矢印部分にマウスポインターを持っていき、マウスのホイールをクルクル回すことでも拡大・縮小ができます。

また、%数値を指定することもできます。

%数値変更

 

 

メニューバーから拡大・縮小

メニューバーの表示表示倍率から拡大・縮小表示をすることができます。

メニューバー

 

 

まとめ

画像の細かい部分を編集するときは拡大して作業することが多いいと思います。

GIMPには拡大・縮小する方法はいくつかありますが、作業をスムーズに行う点ではショートカットキーのCtrlキーを押しながらマウスホイールを回し拡大・縮小するのがおススメです。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA