GIMP 画像を合成してみよう

GIMP2.8画像と画像を合成TOP

 

GIMPを使って写真を合成してみたいんだけど、どうやって合成したらいいのかわからないって悩んでいませんか?

当サイトでの合成する方法を手順に沿ってやっていけば、GIMP初心者のあなたでも簡単に合成することができます。

では早速、きれいな景色の中に人物画像を合成してみよう。

以下の手順は、GIMP2.8を使ってシングルウィンドウモードで説明しています。

Sponsored Links

画像の合成方法

当サイトでは背景写真と人物写真を別々に開いて、合成していく手順をご紹介しています。

別々に画像を開いて編集作業をしていくことで、手間をかけて切り抜いた人物の画像を簡単に保存できるので、また別の画像作成で使えるメリットがあります。

 

背景画像を開こう

まず、GIMPを起動して、メニューバーのファイル開く/インポートから背景になる画像を開きましょう。

今回は、桜の写真を用意しました。

背景になる画像

 

 

人物の画像を開こう

次に、合成させたい画像をメニューバーのファイル開く/インポートから開きましょう。

合成させたい画像

 

 

人物の画像を切り抜こう

2枚の写真を開いたら、先に人物の画像をパスツールを使って切り抜いていきましょう。

詳しい人物の切り抜き方法はGIMP2でパスを使って人物だけを抜き取ってみようを参考にしてください。

GIMP初心者でもわかる!パスツールの使い方もご参考にどうぞ。

 

パスツールを使って囲おう

ツールボックスからパスツールを選び、ていねいに一周人物を囲っていきましょう。

このとき、人物の画像を拡大して囲っていくと作業がしやすいですね。

拡大の方法はGIMP ズームツールの使い方【初心者ナビ】をご参考に。

パスで囲う

 

 

選択範囲にしよう

人物写真を囲ったら、パスのツールオプションからパスを選択範囲にをクリックしましょう。

すると、パスで囲った部分が点滅の点線になります。

パスを選択範囲に

 

 

メニューバーからでも「パスを選択範囲に」できます。

パスを選択範囲に

 

また、キーボードのShift+Vキーを押すことでショートカットできます。

 

 

選択範囲を反転しよう

人物が選択範囲になりましたね。でも、このまま切り抜いてしまうと肝心の人物が消えてしまうので、メニューバーから選択選択範囲の反転をしましょう。

選択範囲の反転

 

 

アルファチャンネルを追加しよう

次に、メニューバーからレイヤー透明部分アルファチャンネルの追加を選択しましょう。

「アルファチャンネルの追加」をすることで人物の周りが透過(透明)にできるようになります。
アルファチャンネルの追加を選択

 

 

いらない部分を透過(透明)にしよう

「アルファチャンネルの追加」をしたら、メニューバーから編集消去をクリックしていらない部分を消去しましょう。

キーボードのDeleteキーからでも消去できます。
消去をクリック

 

 

消去をクリックすると、下のように人物だけが残って周りは透過(透明)になりました。

消去できた

 

 

切り抜いた画像を保存しよう

これで、人物の画像を切り抜くことができたので、次回も画像作成などで使えるように、あなたのわかりやすい場所にいったん保存しましょう。

メニューバーのファイル名前を付けてエクスポートをクリックします。

画像を保存

 

 

今回は透過(透明)になっている画像なので、ファイル形式を「PNG画像」を選択して保存しました。

PNGで保存

 

Sponsored Links

人物画像を背景画像に貼り付けて合成しよう

GIMPでは写真を合成する場合、いろんな方法があるんですが、今回は人物の画像をコピーして背景画像に貼り付け大きさを調整して自然な感じに合成をなじませてみよう。

 

 

選択範囲を解除しよう

人物画像が選択されていることを確認して、先ほど切り抜いた時の選択範囲が点滅している状態なら、選択範囲を解除しておきましょう。

メニューバーから選択選択を解除をクリックします。

選択を解除

 

 

人物画像をコピーしよう

次に、メニューバーから編集コピーをクリックしましょう。

キーボードのCtrl+Cキーを押すことでもコピーできます。
コピーを選択

 

 

人物画像を貼り付けよう

今度は背景になる桜の画像に戻って、メニューバーから編集貼り付けをクリックしましょう。

貼り付けを選択

 

 

これで桜の画像と人物の画像がいったん合成されました。

貼り付けた画像

 

 

今の時点で桜の背景画像に貼られた人物のレイヤーは、点滅した点線で囲われている「フローティング選択範囲」の状態なので、まだ固定されていない仮のレイヤーになっています。以下のように「新しいレイヤーを画像に追加」して編集可能なレイヤーに変えましょう。

フローティング

 

貼り付けられたレイヤーの上でダブルクリックして、レイヤー名を変更することでも編集可能なレイヤーに変わります。

 

合成写真をなじませよう

縮小してみよう

人物の画像を少し小さくしたいので、ツールボックスの「拡大・縮小」を選び、マウスをドラッグして縮小します。

思っている大きさになったらキーボードのEnterキーを押すと、縮小されます。

レイヤーの拡大・縮小で縮小
 
 
 
 

背景画像をぼかしてみよう

人物画像が思い通りの大きさになり、思い通りの配置にできたら、今度は桜と人物のピントが合っているので、桜の背景を少しぼかしてみましょう。

メニューバーからフィルターぼかしガウスぼかしを選択します。

ガウスぼかし

 

 

ガウスぼかしのダイアログ画面が開きます。ほんの少しぼかしたいので、「ぼかし半径」を水平・垂直とも1.0pxにして「OK」をクリックします。

ガウスぼかしダイアログ

 

 

合成写真の出来上がり

これでGIMP2を使って背景画像と人物画像を合成することが出来ました。

合成完成

 

 

まとめ

合成画像、合成写真を作成するやり方をご紹介しましたがいかがでしたか?合成はやっぱりきれいに切り抜くという作業が画像と画像をなじませるポイントの1つでしょうね。今回は切り抜いてコピーして合成という手順で進めてきました。GIMPで合成するやり方はいくつかあると思いますが、この方法だと切り抜いた画像が簡単に保存でき、次回も画像作成に使えますね。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA