GIMP 画像の端をめくれた風に加工してみよう

GIMP2.8写真をめくれたように加工TOP

無料画像編集ソフトGIMPで写真の画像を紙がペロッとめくれたような感じに加工するページカールをしてみよう。

今回は、上の写真のように右端がめくれた感じにしてみましょう。

Sponsored Links

GIMPで画像の端をめくれたように加工する方法

まず、画像の加工をしたい写真を用意します。

写真を用意

 

 

GIMPには、フィルター機能にページめくりが初めから入っているので、メニューバーから、フィルター変形ページめくりを選択します。

ページめくりを選択

 

 

めくる位置やめくる向きを設定

ページめくり効果のダイヤログが表示されるので、めくる位置やめくる向きをお好みで設定します。

ページめくり効果のダイヤログ

 

 

「OK」を押すとめくれかけのようなページの加工ができます。
今回はページめくり効果の範囲を指定していなかったので、右上から左下にかけて、めくれかけたページのようになりました。

範囲が広めのめくれた感じ

 

 

Sponsored Links

めくれた効果の場所を指定

範囲を選択すればどこでも、めくれかけたページの加工ができます。

次は範囲を指定してみます。

 

ツールボックスの中の矩形選択矩形選択アイコンを選びます。

Link矩形選択ツールの使い方は、GIMP 矩形選択ツールの使い方【初心者ナビ】

矩形選択を選択

 

 

今回は右下を紙がめくれた感じにしたかったので、右下を選択しました。

画像の右下を選択

 

 

次に、メニューバーから、フィルター変形ページめくりを選択し、先ほどと同じくページめくり効果のダイヤログでお好みに調整して「OK」を押すと、

めくれた感じの写真が完成

 

右下にめくれた感じの写真ができました。

 

以上、GIMPで写真をめくれたように加工してみようでした。

お疲れさまでした。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA