GIMP ドット柄(水玉模様)を作ってみよう

GIMP2.8ドット柄水玉模様TOP

無料画像編集ソフトGIMPを使って、ドット柄(水玉模様)を簡単に作ってみよう。

今回は、GIMPのフィルター機能を使って、ドット柄(水玉模様)を作成してみます。

あなたの好きな色でかわいい水玉模様が作成でき、ドットの大きさも変えられるので色々試して作成してみよう。

Sponsored Links

ドット柄(水玉模様)を作る方法

まず、新しい画像を作ります。今回は300×300で背景を白にしてあります。その上に、新しいレイヤーを追加して、お好みの色で塗りつぶします。

青色で塗りつぶし

 

 

次に、フィルター変形新聞印刷を選択。

フィルター⇒変形⇒新聞印刷を

 

 

GIMPの新聞印刷ダイヤログが開きます。

今回は、ドット柄(水玉模様)を作りたいので、[スクリーン]を輝度にします。

①セルサイズでドット柄(水玉模様)の大きさが変えられます。

スポット形状は[丸]を選択。

②輝度の角度でドット柄(水玉模様)の並びの角度が変えられます。

③アンチエイリアスのオーバーサンプルを最大の15にします。

新聞印刷ダイヤログ

 

 

プレビューをみながら、お好みのドット柄(水玉模様)になったら、[OK]をクリック。

水玉模様になったらOKをクリック

 

 

ドット柄(水玉模様)の角度を変えてみよう

GIMPのフィルター機能を使い、ドット柄(水玉模様)の角度を変えたサンプルです。

45度

45度のドット柄

 

 

0度

0度ドット柄

こんな感じでドット柄(水玉模様)の整列の角度が調整できます。

 

 

Sponsored Links

ドット柄(水玉模様)の背景色を変えてみよう

背景色変えるには、[新しい画像を作成]するときに、背景色のレイヤーから追加して、背景色をお好みの色で塗りつぶします。

続いて、もう一つレイヤーを追加して、お好みの色で塗りつぶします。

塗りつぶしたら、先ほど同様、フィルター変形新聞印刷を選択して、プレビューを見ながらお好みのドット柄(水玉模様)になったら[OK]でクリック。

これで、背景色に色がつきました。

背景色に色

 

 

GIMPの[新聞印刷]を使ったドット柄(水玉模様)の例

水玉模様の例

 

以上、GIMPを使って、ドット柄(水玉模様)を簡単に作ってみようでした。

お疲れ様でした。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA