GIMPでテキストに影を付けてみよう

GIMP2.8テキストに影TOP

 

ネットショップやwebサイトを作るのに欠かせないのが画像ですね。

特に画像に入れる見出しのテキスト文字なんかは、アピールする部分なので、装飾したいですね。

今回は、無料画像編集ソフトGIMPのフィルター機能ドロップシャドウ使ってテキストに影を付けてみよう

Sponsored Links

テキスト文字に影を付ける方法

いつものようにGIMPを起動して、影を付けたいテキストを用意します。

テキストを用意

 

 

次に、フィルター照明と投影ドロップシャドウを選択。

ドロップシャドウを選択

 

 

テキストに影を付ける詳細設定画面が出るので、影の調整をして「OK」をクリック。

ドロップシャドウのダイヤログ画面

 

 

ドロップシャドウの使い方

ドロップシャドウはオフセットの数値を変えることで影の位置を変えられます。

 

【オフセットX】 左右(横)方向への影位置の調整

         マイナスにすると左方向に影を作ることができます。

 

【オフセットY】 上下(縦)方向への影位置の調整

         マイナスにすると上方向に影を作ることができます。

XYの方向を表した図

ぼかし半径

ぼかし半径の数値を変えることにより、影がくっきりしたりぼけたりします。

ぼかし半径サンプル

 

影の色を変えることができます。

 

不透明度

数値を変えることで、濃い影、薄い影の調整ができます。

 

画像サイズ変更可

チェックを入れることで、キャンパスより大きくなった影は自動的にキャンパスサイズが変更されます。

キャンパスサイズを変更したくない場合は、チェックを外しておきましょう。

 

 

Sponsored Links

出来上がり

これでテキストに影を付けることが出来ました。

テキストに影完成

 

 

GIMPを使ってテキストに影をつけようでした。

お疲れさまでした。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA