GIMP 楕円選択ツールの使い方【初心者ナビ】

GIMPの楕円選択ツールTOP

高機能な画像編集無料ソフトGIMPの基本的な使い方をマスターしよう。

今回は、きれいに円を描いたり、塗りつぶしたり、円の輪郭線を描いたり、円で切り取ったりできる「楕円選択ツール」の基本の使い方を覚えよう!

Sponsored Links

GIMPの「楕円選択ツール」とは

GIMPの「楕円選択ツール」楕円選択ツールアイコンは、画像から、円形を選択したり、円形を描いたりする選択ツールです。

また、きれいな楕円を描くこともできます。

 

 

楕円選択ツールの起動方法

ツールボックスの「楕円選択」アイコン

「楕円選択ツール」を使う場合は、次のいずれかです。

  1. ツールボックスの「楕円選択」アイコン楕円選択ツールアイコン
  2. メニューバーのツール選択ツール楕円選択
  3. キーボードE

 

 

Sponsored Links

楕円選択ツールで円形を選択してみよう

GIMPを起動し、新しい画像を用意して、「楕円選択ツール」楕円選択ツールアイコンを選び、キャンバスの上でマウスを左クリックしドラッグしながら円の選択範囲を作成することができます。

選択範囲の作成は、何度でもやり直すことができます。
マウスをドラッグ

 

 

楕円選択ツールで正円を作成してみよう

GIMPの「楕円選択ツール」を使い、正円を作成するときは、「楕円選択ツール」の「ツールオプション」から「値を固定」にチェックを入れます。

「縦横比」になってることを確認して、「1:1」にします。

この設定をすることで、正円を選択または作成することができます。

また、「値を固定」にチェックを入れていない場合でも、マウスをドラッグしながらShiftキーを押すことで正円になります。
縦横比

 

 

マウスをドラッグ

 

 

円形を塗りつぶしてみよう

円形の選択ができたら、塗りつぶしたい色を選び、メニューバーから、レイヤー新しいレイヤーの追加します。

ツールボックスから「塗りつぶし」塗りつぶしツールアイコンを選択します。

ツールボックスから塗りつぶしを選択

 

 

先ほど「楕円選択ツール」で選択した円の内側部分にマウスを持っていき、左クリックします。

正円を塗りつぶす

 

 

これで、選択した円が塗りつぶされました。

円が塗りつぶされた

 

 

楕円選択ツールで楕円形を作成してみよう

GIMPの「楕円選択ツール」を使い、楕円形を描く場合は、「楕円選択ツール」の「ツールオプション」の「値を固定」にチェックを入れないことで、自由な楕円形を作成することができます。

正円と同じく、画像の上で、マウスを左クリックしドラッグしながら選択範囲を作成します。

マウスを左クリックしドラッグしながら選択範囲を

 

 

楕円形の選択ができたら、塗りつぶしたい色を選び、メニューバーから、レイヤー新しいレイヤーの追加します。

次に、ツールボックスから「塗りつぶし」塗りつぶしツールアイコンを選びます。

今度は、先ほど「楕円選択ツール」で選択した楕円形の内側部分にマウスを持っていき、左クリックします。

選択範囲を塗りつぶす

 

 

これで、GIMPの「楕円選択ツール」を使い、楕円形を描くことができました。

楕円形を描く

 

 

円の大きさを固定して範囲を選択してみよう

円や楕円形を決まった大きさに描く場合や選択したいときは、「ツールオプション」の「値を固定」にチェックを入れます。

ツールオプションの値を固定

 

 

値を固定する項目で、縦横比、幅、高さ、サイズが指定できます。

例えば、正円形を選択範囲にしたい場合は、「縦横比」を選び、「1:1」と入力します。

縦横比

 

 

幅を200Pxにしたい場合は、「幅」を選び、「200」と入力すれば、幅だけ固定されて選択できます。

高さも幅と同じ方法で数字を入れてマウスを左クリックしながらドラックすると高さが固定されます。

幅だけ固定

 

 

決まったサイズにしたい場合は、値を固定する項目で「サイズ」を選び、固定したいサイズの数字を入力すれば、「楕円選択」が決まったサイズに固定されて出てきます。

楕円選択を固定

 

 

選択モード

選択モード

 

GIMPでは、「楕円選択」のモードを変え、2回選択をすることで、選択範囲を選ぶことができます。

 

新規作成アイコン選択範囲を新規作成または置き換えます

1回目の選択範囲があっても、2回目に選択すると、1回目の選択範囲が消え、2回目の選択範囲に置き換えられます。

 

選択範囲を追加アイコン選択範囲に加えます

1回目の選択範囲に選択範囲を追加することができます。

Shiftキーを押しながら2回目の選択範囲をしても同じことができます。

例えば、選択範囲と選択範囲をつなげたい場合などに使います。

選択範囲に加える

 

 

このように選択範囲が重なった部分が、選択範囲でつながります。

重なった部分が選択範囲でつながる

 

 

選択範囲から引くアイコン選択範囲から引きます

1回目の選択範囲から2回目の選択範囲の重なった部分を引きたいときに使います。

Ctrlキーを押しながら2回目の選択範囲をしても同じことができます。

重なった部分を引きたいとき

 

 

このように、円と円が重なった部分が、引かれます。

円と円が重なった部分が引かれる

 

 

交差部分を新しい選択範囲アイコン現在の選択範囲と交差部分を新しい選択範囲にします。

Shift+Ctrlキーを押しながら2回目の選択範囲をしても同じことができます。

1回目の選択範囲と2回目の選択範囲の重なった部分だけが選択範囲として残ります。

交差部分を新しい選択範囲に

 

 

このように選択範囲と選択範囲が重なった部分だけが選択範囲として残すことができます。

重なった部分だけが選択範囲で残る

 

 

なめらかに

なめらかに

選択範囲の境界部分が滑らかになります。

 

 

楕円選択の境界をぼかす

GIMPでは、選択範囲の境界をぼかすことができます。

境界をぼかす

 

 

例えば、選択した範囲を塗りつぶしたりすると、境界がぼけます。

境界をぼかした円

 

 

中央から拡げる

「中央から拡げる」にチェックを入れると、マウスでドラッグし始める選択の始点が中心から始まります。

 

 

ハイライト表示

「 ハイライト表示 」にチェックを入れると、選択範囲がハイライトされるので、選択範囲が一目でわかります。

ハイライト表示 にチェックを入れる

 

 

ハイライトの表示にチェックを入れ、「表示しない」にすると、下の画像のようになります。

ハイライトの表示

 

 

選択範囲のガイド

GIMPでは、選択範囲内に分割ガイドを表示することができます。

分割ガイドを表示することで、構図が作りやすくなります。

Linkガイドの詳細はこちらをご覧ください。選択範囲のガイド

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPの選択ツールの一つ「楕円選択」の使い方をご紹介しました。

操作はそんなに難しくないですが、GIMPを使い始めて、誰もが一度は戸惑う正円の作成。正円を作成するときは、楕円選択ツールのツールオプションから「値を固定」にチェックを入れるか、キーボード操作を覚えておきましょう。

ほかにも、選択ツールの使い方をご紹介していますので、ご参考にしてくださいね。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA