GMPのダイヤログを離したりドッキングさせてみよう

GMP2.8でダイヤログを離したりドッキングTOP

GIMPを使って、画像の作成や編集をしてる時、マウスのちょっとした操作ミスで、ツールボックスの下にあったツールオプションや、ドックの中にあったレイヤー・作業履歴・パスなどのダイアログが、定位置から離れてしまい、どうやって初期設定の位置に戻したらいいの?って、困ったことはありませんか?

今回は、GIMPのダイヤログを離したりドッキングする方法をご紹介します。

もしも今後また、ダイアログが定位置から離れてしまって戻したいときのために、操作方法を覚えておきましょう。

Sponsored Links

GMPの主なウインドウを知っておこう

無料画像編集ソフトGIMPのデフォルトでは、ツールボックスの下に「ツールオプション」・ドック内にはレイヤー・作業履歴・パスなどが初めからドッキングされています。

GIMP2のウインドウ

  1. ツールボックス
  2. ツールオプション
  3. 画面ウインドウ
  4. レイヤー・作業履歴・パスなどのドック
  5. ブラシ・パターン・グラデーションなどのドック

 

 

ダイヤログを離したりドッキングさせる方法

GIMPを開きましょう。今回はシングルウィンドウモードでの説明です。

 

まずは、ツールボックスからツールオプションを離してみます。

ツールオプションと書いてあるところにマウスを持っていき、左クリックしたまま移動したい場所にマウスを持っていきます。

左クリックしたまま移動

 

 

これで好きな場所に移動できます。

好きな場所に移動

 

 

Sponsored Links

ツールオプションをツールボックスの元の場所に戻す方法

次にツールオプションをツールボックスの元の場所に戻します。

 

戻すときは、先ほど移動したツールオプションのところにマウスを持っていき、ドラッグアンドドロップで元の場所に戻します。

ドッキングする場所が青くなります。

ドラッグアンドドロップで元の場所に

 

 

これで元の場所に戻すことができました

ツールオプションを元の場所に戻す

 

 

以上、GIMPでダイヤログを離したりドッキングさせてみようでした。

お疲れ様でした。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA