SIRIUS テーブル幅を指定して記事の真ん中に配置する方法

SIRIUS テーブルTOP

 

今回は、次世代型サイト作成システム「SIRIUS」で作成しているサイトの表に、テーブル幅を指定して、記事の中央にもっていくカスタマイズの方法です。

 

この前、シリウスもバージョンアップされ、Version1.1 ( 1.1.0.4 )になり、テーブル作成時、HTMLエディタを使い枠線の色や太さ、セルの背景色など、色々カスタマイズ出来るようになり、すごく便利になりましね。

 

そもそも、シリウスVersion1.1 ( 1.1.0.4 )では、テーブル幅が指定出来るはずなのに、SIRIUS側の不具合のようで、次回のバージョンアップまでに修正を行うみたいです。

それまで待てないよ~って方は、以下の方法を試してくださいね。

Sponsored Links

テーブルの横幅を指定して、記事の真ん中にする方法

普通にテーブルを作成して、プレビューして見るとこんな感じですね。

通常のテーブル

 

defaultでは記事の幅に合わせて、表のテーブル幅もいっぱいまで広がっていますね。

テキストモードの中のHTMLは、以下のテーブルタグになっています。

では早速、カスタマイズしてみましょう。

 

テーブルの幅を指定する方法

まずは、テーブルの幅を任意の幅にしてみます。

 

テーブルタグの一番上に記述してある以下のタグがあると思います。

 

その中に、幅を指定するstyle=”width:300px;”を以下のように追加記述してやります。

width:300pxの数値を変更することで、テーブルの幅が指定できます。

 

上記のように幅を300pxに指定して、プレビュー画面で確認してみます。

300pxに指定

 

表の幅が小さくなりましたね。テーブルの幅を指定しただけなので、左寄せになっていますね。

 

次は、この表を中央寄せにしてみましょう。

 

Sponsored Links

テーブルを中央寄せにする方法

テーブルを中央寄せにするには、マージンで指定します。

先ほど、幅を指定するのに追加記述したstyle=”width:300px;の後ろに、以下を追加記述してください。

 

幅と、中央揃えを追加記述したテーブルタグは以下のようになります。

左右のマージンの値にautoを指定してあるので、左右中央に配置できるんですね。マージンの値にautoを使うときは、幅(width)を指定していなと、autoが無駄になり0になってしまうので、注意が必要です。

 

以下は、テーブルの幅を300pxにして、左右のマージンをautoにした表示結果です。

テーブルが真ん中に

 

テーブルが記事の真ん中にきましたね。

短い文書で空白がいっぱい空いてしまったりして見た目が悪いときなどに、テーブルを中央揃えにすることで、解消されますね。

 

テーブルを右寄せにする方法

ちなみに、幅を指定して右に表を寄せたいときは、以下のような記述をすると右寄せになります。

テーブル右寄せ

右寄せ

 

お疲れ様でした。

Sponsored Links

こちらの記事もよく読まれています

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA