GIMPで画像に凹んだ文字を刻んでみよう

GIMP画像にテキストを刻むTOP

GIMPを使って背景画像などに直接凹んだ文字を刻みたいんだけど、どうやったらできるんだろうって困っていませんか?

フィルター機能のドロップシャドウをうまく使えば、簡単にテキストが凹んだ感じにできます。

凹んだ文字をレタープレスとか、型押しとも言いますね。

では、さっそく作成してみましょう。

Sponsored Links

画像に文字を刻む(凹ます)方法

GIMPでテキストが凹んだ感じにする方法は、フィルター機能のバンプマップを使ってもできますが、今回はドロップシャドウを使って、画像に凹ませた文字を刻んでみよう。

 

 

画像を開こう

GIMPを起動したら、まずは背景画像を開きましょう。

LinkGIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

今回、用意した画像は夏をイメージしたテクスチャです。

背景画像

 

 

文字を入力しよう

ツールボックスから「テキストツールテキストツールアイコン」を選びましょう。

Linkテキストツールの詳しい使い方は、GIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】をご覧ください。

テキストを選択

 

 

次にあなたが凹ませたい文字を、キャンバスに描きましょう。

文字の色は何色でもいいです。
テキストを入力

 

 

テキストを選択範囲にしよう

テキストを入力したら、右にあるレイヤーのダイアログからテキストのレイヤーを選んで、右クリックして不透明部分を選択範囲にをクリックして文字を選択範囲にしましょう。

不透明部分を選択範囲に

 

 

選択範囲を反転しよう

テキストを選択範囲にしたら、もう一度レイヤーのダイアログからテキストレイヤーを選び、目のアイコンのアイコンをクリックしてキャンバスから文字を隠しましょう。

目のアイコンを表示しないようにする

 

 

次に、ツールバーから選択選択範囲の反転をクリックしましょう。

選択範囲の反転

 

 

文字に影をつけよう

選択範囲を反転したら、テキストの内側に影をつけていき、凹ませた感じにしていきます。

 

1回目の影をつけよう

ツールバーからフィルター照明と投影ドロップシャドウを選択しましょう。

ドロップシャドウを選択

 

 

ドロップシャドウのダイアログ画面が開きます。

オフセットをX:2 Y:2 ぼかし半径を3 色は「」に設定して「OK」をクリックしましょう。

「画像サイズ変更可」のチェックは外しておきましょう。
ドロップシャドウダイヤログ

 

 

テキストの内側に1回目の影が付きました。

テキストの内側に影

 

まだ選択範囲は解除しないでくださいね。

 

2回目の影をつけよう

次に、もう一度選択範囲を反転しましょう。

メニューバーから、選択選択範囲の反転をクリックしましょう。

選択範囲を反転

 

 

反転したら、メニューバーからフィルタードロップシャドウの再表示をクリックしましょう。

選択範囲の再表示

 

 

ドロップシャドウのダイアログ画面が開くので、

今度は、オフセットをX:1 Y:1 ぼかし半径を1 色は「」に設定して「OK」をクリックしましょう。

「画像サイズ変更可」のチェックは外しておきましょう。
ドロップシャドウのダイアログ

 

 

これでひとまず背景画像に刻んだような文字ができました。

画像に刻んだ文字

Sponsored Links

凹ませた感じの文字を移動するときは

作成した凹ませた感じの文字をキャンバス内で移動しなくていい場合は、まだ選択範囲を解除しないでLink凹んだ部分の明るさを調整しように進んでください。

背景画像に文字が刻んだように見える影がつきましたが、レイアウトの関係で文字を違う場所に移動したいときがあると思います。そんなときは、いったん選択を解除しましょう。

メニューバーから選択選択を解除

選択を解除

 

 

次に、黒い影(Drop Shadow)のレイヤーの上で右クリックしてレイヤーをキャンバスに合わせるをクリックしましょう。

レイヤーをキャンバスに合わせる

 

 

黒い影のレイヤーをキャンバスに合わせたら、レイヤーダイアログ内の「Drop Shadow」、「Drop Shadow #1」、「テキスト」の3つのレイヤーに鎖(チェーン)鎖のマークのマークをつけましょう。

レイヤーに鎖(チェーン)のマーク

 

 

鎖のマーク鎖のマークをつけたら、3つのレイヤーのどれかを選択(アクティブに)しましょう。

次に移動ツール移動ツールを選び、キャンパス内の文字の黒い影の部分にマウスポインタを持っていき、あなたが思っている位置にマウス又はキーボードの方向キーを使って移動しましょう。

この操作を行うことで、3つのレイヤーが同時に移動することができます。

移動

 

 

思っている位置に移動できたら、「テキストレイヤー」の上で右クリックして、不透明部分を選択範囲にをクリックしましょう。

不透明部分を選択範囲に

 

 

再び選択範囲に

 

 

凹んだ部分の明るさを調整しよう

文字の内側を少し暗くして凹んだ感じに仕上げていきます。

レイヤーを背景画像に選択しましょう。

背景画像に

 

 

メニューバーからトーンカーブをクリックします。

トーンカーブを選択

 

 

トーンカーブのダイアログが開くので、プレビューを見ながら明るさを調整しましょう。

テキストの内側が、あなたが思うような暗さになったら「OK」をクリック。

トーンカーブのダイアログ画面

 

 

選択を解除しよう

1つ目の影、2つ目の影、明るさの調整ができたら、選択範囲を解除しましょう。

メニューバーから選択選択を解除をクリック。

選択の解除

 

 

影の調整をしよう

先ほどドロップシャドウを2回しましたね。

レイヤーのダイアログを見ると、「Drop Shadow」と「Drop Shadow #1」があると思います。

「Drop Shadow」は黒色の影、「Drop Shadow #1」は白色の影です。

まずは、黒色の影から調整します。

レイヤーのダイアログから「Drop Shadow」を選択して、キャンバスの文字を見ながら、あなたが思うような感じになるまで、不透明度を調整していきましょう。

今回は不透明度を60にしました。

不透明度を調整

 

 

続いて、「Drop Shadow #1」を選択して、白色の影の不透明度を調整していきましょう。

今回は不透明度を55にしました。

不透明度を調整

 

背景画像の色によって、不透明度の数値は変わってくるので、画面を見ながら調整しましょう。

 

 

出来上がり

これで背景画像に文字を刻む(凹ます)ことができました。

凹んだ文字の完成

 

 

まとめ

いかがでしたか?GIMPを使って、背景画像にテキストを刻む(凹ます)方法をご紹介しました。

最初は、手順を覚えるまで戸惑うかもしれませんが、何回か練習していけば簡単にできるようになるので、チャレンジしてみてくださいね。

 

Sponsored Links