GIMPでモノクロ写真の一部をカラーにしてみよう

GIMPでモノクロ写真の一部をカラーにしてみようTOP

GIMPでカラー写真をモノクロ(白黒)にして、一部だけカラーにしたいんだけど、どうやったらできるの?って困っていませんか?

白黒写真の一部をカラーにすると、カラーにした部分がすごく強調されて、印象を強く感じさせられる写真になりますね。

今回は、カラー写真を白黒写真に変えてから一部分をカラーにする方法をご紹介します。

それではさっそく写真の一部をカラーにする作業をマスターして素敵な写真を作ろう!

Sponsored Links

GIMPでモノクロ写真の一部をカラーにする方法

GIMPでモノクロ写真の一部をカラーにする作業はすごく簡単です。いっしょに以下の手順に沿って写真を加工してみましょう。

 

写真を開こう

いつものようにGIMPを起動して加工したい写真を開きましょう。

Link簡単に画像を開くことができます。GIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

今回はこちらの写真を使って唇だけをカラーにする方法をご紹介します。

用意した口元の写真

 

 

写真を複製しよう

最初に写真のレイヤーを複製しましょう。

写真のレイヤーの上にマウスポインタを持っていき右クリックします。メニューの中からレイヤーの複製をクリックしましょう。

レイヤーの複製をクリック

 

 

写真のレイヤーが複製(コピー)できました。

写真のレイヤーが複製に

 

 

白黒(モノクロ)写真にしよう

次に複製(コピー)したカラー写真のレイヤーを白黒(モノクロ)写真にしましょう。

複製(コピー)したレイヤーがアクティブ(選択中)なのを確認して、メニューバーから脱色をクリックしましょう。

脱色をクリック

 

 

「脱色」をクリックすると、脱色のダイアログが開きます。プレビューを見ながら脱色の基準にする要素を選んで「OK」をクリックしましょう。ここでは「明度」を選びました。

「明度」は写真のコントラストをきれいに再現して脱色します。「光度」は三原色のGを明るく、RとBを暗くして脱色します。「平均」は明度と光度の中間です。
脱色の基準にする要素を選択

 

 

アルファチャンネルを追加しよう

写真を白黒(モノクロ)することができたら、メニューバーからレイヤー透明部分アルファチャンネルの追加をクリックしましょう。

アルファチャンネルの追加

 

 

カラーにしたい部分を消しゴムでなぞろう

つぎに、ツールボックスから「消しゴム消しゴムツールアイコン」ツールを選びます。消しゴムツールのツールオプションからブラシを「2. Hardness 075」にして、カラーにしたい部分をなぞりやすいようにブラシのサイズを合わせましょう。

Linkブラシサイズをマウスホイールで調整することができます。GIMPのブラシサイズをマウスホイールで操作しよう

調整ができたらマウスポインタをカラーにしたい部分に持っていき、ドラッグしながらなぞりましょう。

Link消しゴムツールの詳しい使い方はGIMP 消しゴムツールの使い方【初心者ナビ】

ドラッグしてなぞる

 

 

カラーにしたい部分を「ズームズームアイコン」ツールなどで拡大すると、作業がしやすくなります。

Linkズームツールの詳しい使い方はGIMP ズームツールの使い方【初心者ナビ】

ズームして作業

 

 

なぞった部分がはみ出したりしたときは、キーボードのAltキーを押すことで「逆消しゴム」になるので、はみ出した部分をもう一度なぞると白黒に戻ります。

逆消しゴム

 

 

出来上がり

これで写真の一部をカラーにすることができました。

写真の一部をカラーに

 

 

Sponsored Links

モノクロ写真にして一部をカラーにした例

こちらもカラー写真を白黒写真にして、リンゴとリボンをカラーにしてみました。

一部をカラーにすることで目立ちインパクトを与える写真になりますね。

写真の一部をカラーにした画像

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPで写真の一部をカラーにする方法をご紹介しました。一部をカラーにする作業は難しそうに思えますが、やってみると意外と簡単に出来ますね。ぜひ目立たせたい写真に活用してみてくださいね。

Sponsored Links