GIMP ブレンド(グラデーション)の使い方【初心者ナビ】

GIMP ブレンドツールの使い方TOP

GIMPで画像にグラデーションをかけたいけど、やり方がわからない、できないって困っていませんか?

今回は、グラデーションをかけることができる「ブレンド」ツールの使い方を初心者のあなたにもわかりやすくご紹介します。GIMPでは「ブレンド」ツールを使えば、簡単にグラデーションをかけることができます。

それでは早速、画像にグラデーションをかける操作方法を覚えて、あなたも画像の加工を思い通りにできるようにしよう!

Sponsored Links

ブレンドツールとは

GIMPの「ブレンド」ブレンドアイコンツールは、画像の背景をグラデーションで塗りつぶしたり、文字にグラデーションをかけたり、徐々に透明(透過)になっていくグラデーションをかけたりと、いろいろな画像のデザインを作成することができる便利なツールです。

 

 

ブレンドツールの使用方法

ブレンドツール

GIMPで「ブレンド」ツールを使う場合は、以下の方法が用意されています。

  • ツールボックスの「ブレンド」アイコンブレンドアイコン
  • メニューバーのツール描画ツールブレンド
  • キーボード(ショートカットキー)L

Sponsored Links

ブレンドの使い方

ブレンドツールでグラデーションをかける基本の使い方をご紹介します。

 

背景に好きな色のグラデーションををかけてみよう

ここでは、選んだ色で背景に基本のグラデーションをかける方法です。

はじめに、あなたがイメージしているグラデーションの色を「描画色」と「背景色」の両方に設定しておきましょう。

GIMPに入っているグラデーションの種類からでも選べることができます。ツールオプション-グラデーション

今回は、描画色に水色、背景色に白色を選びました。

「描画色」と「背景色」

 

 

次に、ツールボックスから「ブレンド」ブレンドアイコンツールを選び、ブレンドのツールオプションの設定をしましょう。

ベーシックなグラデーションの設定は、「グラデーション」をを「描画色から背景色(RGB)」にして、「形状」を「線形」にしましょう。

ブレンドのツールオプションがGIMPの初期設定のままなら、基本のグラデーションになります。
描画色から背景色(RGB)

 

 

設定ができたら、キャンバスにマウスポインタを持っていき、上から下へドラッグして終点にきたら左クリックを放してみましょう。

キーボードのCtrlキーを押しながらマウスを動かすと、まっすぐにドラッグすることができます。
マウスをドラッグ

 

 

すると、あなたの好きな色で背景にグラデーションをかけることができました。

背景にグラデーション

 

先ほどは、上から下にマウスポインタをドラッグしましたが、下から上に、右から左にと自由にキャンバスの上でドラッグして、グラデーションをかけることができます。

 

 

選択範囲に好きな色でグラデーションをかけてみよう

今度は、選択範囲を作成してグラデーションをかけてみましょう。

ここでは、ツールボックス矩形選択矩形選択アイコンツールを選び、選択範囲を作成しました。

Link矩形選択ツールの詳しい使い方は、GIMP 矩形選択ツールの使い方【初心者ナビ】

矩形選択ツールで選択範囲を作成

 

 

選択範囲を作成したら、ツールボックスから「ブレンド」ツールを選び、今度は左から右にドラッグして終点にきたら左クリックを放してみましょう。

左から右にドラッグ

 

 

すると、選択範囲の左から右へグラデーションをかけることができます。

選択範囲にグラデーション

 

 

描画色から透明になるグラデーションをかけてみよう

描画色に選んでいる色から透明(透過)のグラデーションを画像にかけることができます。

「ブレンド」のツールオプションから、「グラデーション」を「描画色から透明」に設定して、画像をドラッグしてみましょう。

今回は、画像の半分ぐらいまでドラッグしてみました。

描画色から透明を選択

 

 

すると、描画色で選んだ色から、徐々に透明になっていくグラデーションをかけることができます。

画像に徐々に透明になっていくグラデーション

 

Link写真や画像に直接、透明なグラデーションをかけたいときは、GIMP 徐々に透明になるグラデーションを画像にかけてみよう

 

 

ブレンドのツールオプション

GIMPの「ブレンド」には以下のツールオプションが用意されています。

ブレンドのツールオプション

 

 

モード

モード

「モード」は描画ツールで共通して使えるオプションです。

Link詳しくはGIMP レイヤーモードをご覧ください。

 

 

不透明度

不透明度

グラデーションの不透明度を調整することができます。

描画色を黄色、背景色を白色、グラデーションを「描画色から背景色(RGB)」で設定し、画像にグラデーションをかけた場合、「不透明度100.0」では、画像が塗りつぶされてしまいますが、不透明度の数値を下げていくと、下の画像が透けてみてるようになります。

不透明度の比較

 

 

グラデーション

グラデーション

「グラデーション」では、表示しているグラデーションの画像をクリックすると、今GIMPに入っているグラデーションの一覧が表示されます。

初期設定では、「描画色から背景色(RGB)」です。

グラデーションの始点と終点の向きを変えたいときは、「反転グラデーションの向き」をクリックすると、向きが入れ替わります。

グラデーションの種類

 

 

形状

形状

「形状」では、いろいろなグラデーションの形を選ぶことができます。基本のグラデーションをかけるときは「線形」を選びましょう。

 

初期設定は、「線形」です。

形状の一覧

 

いろいろな種類からグラデーションの形状を選べます。

グラデーション形状一覧

 

 

反復

反復

「反復」では、グラデーションの繰り返しの設定を「ノコギリ波」「三角波」の2種類から選べます。

GIMPの初期設定では、「反復しない」になっています。

反復の種類

 

 

オフセット

オフセット

「オフセット」では、段階的に変化していくグラデーションの割合を設定できます。

オフセット変化例

 

 

ディザリング

ディザリング

「ディザリング」にチェックを入れているときは、インデックスカラー画像の限られた色数の時でも、RGBカラーのようなグラデーションをかけることができます。

初期設定では、チェックが入っています。

 

 

適応型スーパーサンプリング

適応型スーパーサンプリング

「適応型スーパーサンプリング」では、色の変化がでおきるギザギザを抑えて滑らかにすることができます。

チェックを入れることで、斜めの線のギザギザを滑らかにする効果があります。

適応型スーパーサンプリング比較

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPの「ブレンド」ツールの基本的な使い方をご紹介しました。「ブレンド」ツールは、グラデーションをかけたいときに使うツールです。画像の作成や加工など行うときなど様々な作業で活用してみてくださいね!

文字にグラデーションをかけたいときは、こちらをご覧ください。LinkGIMP 文字にグラデーションをかけてみよう

お疲れ様でした。

Sponsored Links