GIMP ぼかし/シャープの使い方【初心者ナビ】

GIMP ぼかし/シャープの使い方TOP

GIMPの描画ツールの一つ「ぼかし/シャープぼかし/シャープアイコン」ツールの基本的な使い方をご紹介します。

このツールを使うことで、簡単に画像の目立ちすぎた部分をぼかしたり、反対に際立たせたい部分をシャープにしたりすることができます。

それではさっそく「ぼかし/シャープ」ツールの使い方を覚えてGIMPを使いこなしましょう!

Sponsored Links

ぼかし/シャープツールとは

「ぼかし/シャープ」ツールは、ブラシを使って特定の部分をなぞるようにドラッグしていくと、簡単にぼかしたりシャープにしたりすることができるので、部分的に効果をだしたい場合に使う便利なツールです。なので画像全体をぼかしたいときなどは、フィルター機能の「ぼかし」を使います。また、「シャープ」は、ブラシでなぞった部分のコントラストを高めにしてシャープな感じを出してるだけなので、やりすぎるとノイズが発生します。なので、きれいなシャープ効果を付けたいときはフィルター機能の「アンシャープマスク」を使うといいでしょう。

 

ぼかし/シャープの使用方法

ぼかし/シャープ

GIMPで「ぼかし/シャープ」ツールを使う場合は、以下の方法が用意されています。

  • ツールボックスの「ぼかし/シャープ」アイコンぼかし/シャープアイコン
  • メニューバーからツール描画ツールぼかし/シャープ
  • キーボード(ショートカットキー)shift+U

 

キー操作

CtrlCtrlキーを押すことで、「ぼかし」と「シャープ」の切り替えができます。

 

Sponsored Links

ぼかし/シャープの使い方

ぼかし/シャープツールの使い方はとっても簡単です。画像を開いてツールボックスから「ぼかし/シャープぼかし/シャープアイコン」ツールを選び、一緒に効果を確かめてみましょう。

 

ぼかしてみよう

「ぼかし/シャープ」ツールのツールオプションからブラシの形状やサイズなどを設定して、色混ぜの種類を「ぼかし」を選び、ぼかしたい部分にマウスポインタを持っていき、左クリックしながらなぞるようにドラッグしましょう。

Linkブラシのサイズをマウスホイールで操作できます。詳しくはGIMPのブラシサイズをマウスホイールで操作しよう

GIMPの初期設定では色混ぜの種類は「ぼかし」になっています。
ぼかす部分でドラッグ

 

 

ドラッグしながらなぞっていくと画像の一部分に「ぼかし」をかけることができます。

ぼかしの効果

 

 

シャープにしてみよう

画像の一部分をシャープにしたいときは、色混ぜの種類を「シャープ」にするか、キーボードのCtrlキーを押してシャープに変えて、画像のシャープにしたい部分にマウスポインタを持っていき、左クリックしながらなぞるようにドラッグしましょう。

シャープにしたい部分をドラッグ

 

 

ドラッグしながらなぞっていくと画像の一部分に「シャープ」をかけることができます。

「ぼかし/シャープ」ツールでのシャープ効果は、やりすぎるとノイズがでて画像が汚くなるので注意してくださいね。
顔をシャープに

 

 

ぼかし/シャープのツールオプション

GIMPの「ぼかし/シャープ」には以下のツールオプションが用意されています。

ぼかし/シャープのツールオプション

 

 

モード

モード

「モード」は描画ツールで共通して使えるオプションです。

Link詳しくはGIMP レイヤーモードをご覧ください。

 

 

不透明度、ブラシ、サイズ、縦横比、角度、動的特性、散布、手ブレ補正

不透明度、ブラシ、サイズ、縦横比、角度、動的特性、散布、手ブレ補正

不透明度、ブラシ、サイズ、縦横比、角度、動的特性、散布、手ブレ補正の設定は描画ツールの共通オプションです。

Link詳しくはGIMP ブラシの使い方【初心者ナビ】をご覧ください。

 

 

ハードエッジ

ハードエッジ

「ハードエッジ」にチェックを入れることで、ブラシの形状に関係なく不完全消去を防ぐことができます。(ぼかしを無効にして描画します。)

ハードエッジ比較

 

 

色混ぜの種類

色混ぜの種類

「ぼかし」と「シャープ」の切り替えをすることができます。

キーボードのCtrlキーを押すことでも切り替えができます。

 

 

割合

割合では、「ぼかし」や「シャープ」効果の強弱を調整することができます。

ぼかしでの割合を比較。

ぼかしでの割合を比較

 

シャープでの割合を比較。

シャープの割合比較

 

 

おわりに

GIMPの描画ツールの一つ「ぼかし/シャープ」の基本的な使い方をご紹介しました。このツールは特定の場所をブラシでなぞるだけで簡単に、ぼかしたり、シャープにしたりすることができましたね。ぼかす効果はいろんな場面で使えそうですけど、シャープはやりすぎると、どうしてもノイズが出てしまいやすいので、効果を確かめながら使うようにしましょう。

Sponsored Links