GIMP 拡大・縮小の使い方【初心者ナビ】

GIMP 拡大・縮小の使い方TOP

GIMPで編集や加工をしているとき、画像のサイズをもうちょっと大きくしたいとか、もうちょっと小さくしたいとかって思うけど、どうしたらいいのかわからないって困っていませんか?

画像を大きくしたり小さくしたいときは、ツールボックスの「拡大・縮小拡大・縮小アイコン」ツールを使うことで画像・テキストレイヤー、選択範囲、パスの大きさを、簡単に拡大や縮小させることができるんです。

今回は「拡大・縮小」ツールの使い方を、初心者のあなたにもわかりやすくご紹介します。

それではさっそく「拡大・縮小」ツールの使い方を覚えてGIMPを使いこなしてみよう!

Sponsored Links

拡大・縮小ツールとは

GIMPの「拡大・縮小拡大・縮小アイコン」ツールは、アクティブな(選択中の)画像・テキストレイヤー、選択範囲、パスを、マウスでドラッグするか、「拡大・縮小」のダイアログから幅や高さを設定することで、簡単に大きくしたり小さくしたりすることができる便利なツールです。

拡大・縮小

 

拡大・縮小ツールの使用方法

拡大・縮小

GIMPで「拡大・縮小」ツールを使う場合は、以下の方法が用意されています。

  • ツールボックスの「拡大・縮小」アイコン拡大・縮小アイコン
  • メニューバーからツール変形ツール拡大・縮小
  • キーボード(ショートカットキー)shift+T

 

キー操作

CtrlCtrlキーを押すことで拡大縮小するときの縦横比を維持することができます。

Sponsored Links

拡大・縮小ツールの使い方

「拡大・縮小」ツールの使い方はとっても簡単です。画像を用意してツールボックスから「拡大・縮小拡大・縮小アイコン」ツールを選び、いっしょに操作方法を覚えましょう。

今回は下の写真を用意しました。この写真を「拡大・縮小」ツールを使って、大きくしたり小さくする方法をご紹介します。

Link写真は商用利用もOK!無料(フリー)写真人物素材のまとめの中から選びました。

用意した写真

 

 

写真を拡大してみよう

「拡大・縮小拡大・縮小アイコン」ツールを選んだら、マウスポインタを画像の上または画像ウィンドウに持っていきます。マウスポインタが拡大・縮小のマウスポインタにかわったら左クリックします。

画像の上または画像ウィンドウでクリック

 

 

クリックすると、拡大させたい画像にグリッドが表示されると同時にダイアログが開きます。

アクティブ(選択中)のレイヤーが対象となります。
グリッドとダイアログが表示

 

 

拡大する前にダイヤログのチェーンアイコンが繋がっているかを確認しておきましょう。繋がってることで縦横比を固定することができます。

チェーンアイコンが繋がってないと画像が横や縦に伸びてしまいます。また、キーボードのCtrlキーを押すことでも固定することができます。
縦横比を固定

 

 

次に、拡大するときは、ダイヤログの数値を設定するか、グリッドにマウスポインタを持っていき左クリックしながらドラッグします。

初期設定ではダイアログの幅(W)、高さ(E)は、ピクセル単位です。
ドラッグするか数値で設定

 

 

思ってるところまでのサイズになったら、ダイヤログの「拡大縮小」をクリックします。

拡大縮小をクリック

 

 

画像を拡大した場合はキャンバスからはみ出てしまい画像が途中で切れてしまいます。

画像がはみ出す

 

 

そんなときは、メニューバーから画像キャンバスをレイヤーに合わせるをクリックします。

キャンバスをレイヤーに合わせる

 

 

これで写真を拡大することができました。

拡大の完成

 

 

写真を縮小してみよう

今度は写真を縮小する方法をご紹介します。

先ほど拡大したときのように、ツールボックスかた「拡大・縮小拡大・縮小アイコン」ツールを選びます。

拡大・縮小を選択する

 

 

「拡大・縮小拡大・縮小アイコン」ツールを選んだら、マウスポインタを画像の上または画像ウィンドウに持っていきます。マウスポインタが拡大・縮小のマウスポインタにかわったら左クリックします。

拡大・縮小を選択してクリック

 

 

クリックすると、縮小させたい画像にグリッドが表示されると同時にダイアログが開きます。

アクティブ(選択中)のレイヤーが対象となります。
グリッドとダイアログが表示

 

 

縮小する前にダイヤログのチェーンアイコンが繋がっているかを確認しておきましょう。繋がってることで縦横比を固定することができます。

チェーンアイコンが繋がってないと画像が横や縦に伸びてしまいます。また、キーボードのCtrlキーを押すことでも固定することができます。
縦横比を固定

 

 

次に、縮小するときは、ダイヤログの数値を設定するか、グリッドにマウスポインタを持っていき左クリックしながらドラッグします。

初期設定ではダイアログの幅(W)、高さ(E)は、ピクセル単位です。
ドラッグするか数値で設定

 

 

思ってるところまでのサイズになったら、ダイヤログの「拡大縮小」をクリックします。

拡大縮小をクリック

 

 

写真を縮小することができましたが、キャンバスサイズよりも小さくなってしまいます。

キャンバスサイズと合わない

 

 

そんなときはメニューバーから画像キャンバスをレイヤーに合わせるをクリックします。

キャンバスをレイヤーに合わせる

 

 

これで写真をキャンバスサイズに合わせて縮小することができました。

縮小の完成

 

 

拡大・縮小のツールオプション

拡大・縮小のツールオプション

 

変形対象、方向、補間アルゴリズム、クリッピング、プレビューを表示、ガイド

変形対象、方向、補間アルゴリズム、クリッピング、プレビューを表示、ガイドは、各「変形ツール」と共通のオプションです。

Link詳しくは遠近法のツールオプションをご覧ください。

 

縦横比を維持

縦横比を維持

「縦横比を維持」にチェックを入れることで、縦横比を固定することができます。また、キーボードのCtrlキーを押すことでも固定することができます。

 

 

おわりに

GIMPの変形ツールの一つ「拡大・縮小」ツールの基本的な使い方をご紹介しました。このツールは簡単な操作で写真を拡大したり縮小したりするってことがわかりましたね。今回は写真の画像で拡大・縮小してみましたが、そのほかにも選択範囲やテキストレイヤー、パスでも大きくしたり小さくしたりすることができます。画像の編集や加工にぜひ試してみてくださいね。

拡大縮小のワザ!

Sponsored Links