GIMP グリッド線を描いてみよう

GIMP グリッド線を描いてみようTOP

GIMPでグリッド線(格子線)を作成して画像に入れたいんだけど、どうやったら描けるの?って困っていませんか?

今回は、画像の位置を決めるときに表示するグリッドとは違い、フィルター機能を使い画像としてグリッド線を簡単に描く方法をご紹介します。

それではさっそく、グリッド線を描いてみましょう。

Sponsored Links

GIMPでグリッド線を描画する方法

いつものようにGIMPを起動して、新しい画像を作成するか、グリッド線(格子線)を入れたい画像を開きましょう。

Link簡単に画像を開くことができます。GIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

画像を開いたらメニューバーからフィルター下塗りパターングリッドを選択しましょう。

グリッドを選択

 

 

グリッドのダイアログが開きます。プレビュー画面を見ながら、あなたが思っているグリッド線(格子線)の設定をしていきましょう。

グリッドのダイアログ画面

 

今回は、単純なグリッド線(格子線)を描きたいので、交点は初期設定のままで、以下の部分を設定しましょう。

  • 幅: グリッド線(格子線)の水平線、垂直線の幅(太さ)を設定することができます。
  • 間隔: 水平・垂直方向のグリッド線(格子線)の間隔を設定することができます。
  • オフセット: グリッド線(格子線)の水平・垂直方向の始まり(起点)の位置を設定することができます。
  • 色: 水平・垂直方向のグリッド線(格子線)の色を設定することができます。(右にある色は、交点の色を設定することができます)

 

グリッドの設定ができたら「OK」をクリックしましょう。クリックすると下のように画像としてグリッド線(格子線)を描くことができます。

グリッド線を描く

 

 

選択範囲にグリッド線を描いてみよう

先ほどはキャンバス全体にグリッド線(格子線)を描きましたが、今度は選択範囲だけにグリッド線(格子線)を描いてみましょう。

まず、選択ツールを使って選択範囲を作成しましょう。ここでは「楕円選択楕円選択ツールアイコン」ツールを使って選択範囲を作成してみました。

Link楕円選択ツールの使い方はGIMP 楕円選択ツールの使い方【初心者ナビ】

選択範囲を作成したら、先ほどと同じようにメニューバーからフィルター下塗りパターングリッドを選択しましょう。

選択範囲を作成してグリッドを選択

 

 

グリッドのダイアログが開きます。プレビュー画面を見てみると、選択範囲にグリッド線(格子線)が描画されていますね。あとは、あなたが思っている幅や間隔などを設定して「OK」をクリックしましょう。

選択範囲にグリッド線を

 

 

「OK」をクリックすると、下のように選択範囲だけにグリッド線(格子線)を描くことができました。

選択範囲にグリッド線を描画

 

 

Sponsored Links

おわりに

いかがでしたか?GIMPで画像としてグリッド線(格子線)を描く方法をご紹介しました。フィルター機能の「グリッド」を使用することで簡単に描くことができましたね。線の幅や間隔などをいろいろ調整して試してみてくださいね。お疲れ様でした。

Sponsored Links

よろしければシェアお願いします

Sponsored Links