GIMP 文字や画像に長い影を付けてみよう

GIMP 文字や画像に長い影を付けてみようTOP

GIMPで新しく画像を作成したり編集や加工作業などをしていると、文字や切り抜いた画像に影を付けたい時ってありますね。そんなときはフィルター機能の「ドロップシャドウ」を使うことで下のように簡単に影を付けることができます。

ドロップシャドウ

Linkドロップシャドウで影を付けるときはGIMPでテキストに影を付けてみよう

でも、今したいのは長い影を付けたいんだけどって思ってるあなた、GIMPのフィルター機能「ロングシャドウ」を使うと下のように長い影を付けることができるんです。

Long Shadow

今回は、「ロングシャドウ」で長い影を付ける方法をご紹介します。それではさっそく、やってみましょう。

Sponsored Links

GIMPで文字などに長い影を付ける方法

GIMPを使って、文字などに長い影を付ける作業はとっても簡単です。下の手順に沿って、いっしょに進めてみましょう。

 

テキストツールを選ぼう

いつものようにGIMPを起動したら、新しい画像を作成するか文字などに長い影を付けたい画像を開きましょう。

Link簡単に画像を開くことができます。GIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

画像を開いたらツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選びましょう。

テキストツールを選択

 

 

文字を入力しよう

「テキストテキストツールアイコン」ツールを選んだら、フォントやサイズ、色などを設定してキャンバスに文字を入力しましょう。

Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】

文字を入力

 

 

テキストレイヤーをキャンバスに合わせよう

文字を入力したら、GIMPのシングルウィンドウモード初期設定では右下にある、レイヤーダイアログのテキストレイヤーの上にマウスポインタを持っていき右クリックしましょう。

右クリックすると選んだテキストレイヤーのメニューが表示します。メニューの中からレイヤーをキャンバスに合わせるをクリックしましょう。

メニューバーからレイヤーレイヤーをキャンバスに合わせるからでもできます。
レイヤーをキャンバスに合わせる

 

 

長い影を付けよう

レイヤーをキャンバスに合わせたら、メニューバーからFiltersLight and ShadowLong Shadowをクリックしましょう。

Long Shadowをクリック

 

 

Long Shadowダイアログが開きます。プレビューを見ながら、影の色、角度、長さの設定をしましょう。

長い影を設定

Long Shadow

  • Angle: 影の角度を設定することができます。
  • Length: 影の長さを調整することができます。
  • Color: 影の色を設定することができます。
Long Shadowの設定

 

 

Long Shadowの設定ができたら「OK」をクリックしましょう。

OKをクリック

 

 

出来上がり

これで文字に長い影を付けることができました。

文字に長い影

 

 

もちろん、切り抜いた画像などにも影を付けることができます。

切り抜いた画像に長い影

 

 

Long Shadowのスタイルを変えてみよう

Long Shadowにはいくつかのオプション設定があり、長い影のスタイルを変えることができます。

 

Finite

影のスタイルを「Finite」にすることで、影の角度、影の長さを設定することができます。

Finite

 

 

Infinite

影のスタイルを「Infinite」すると、影の長さがキャンバスいっぱいになります。ちなみに、ここでは長さを調整することはできませんが影の角度は設定することができます。

Infinite

 

 

Fading

影のスタイルを「Fading」にすると、グラデーションの影を付けることができます。また、影の角度、長さも設定することができます。

Fading

 

 

Sponsored Links

文字を透過して長い影を付けてみよう

ここでは文字を透過(透明)にして、長い影を付ける方法をご紹介します。

 

レイヤーグループを作成しよう

はじめに、メニューバーからレイヤーNew Layer Groupをクリックして新しいレイヤーグループを作成しましょう。

新しいレイヤーグループを作成

 

 

文字を入力しよう

新しいレイヤーグループを作成したら、ツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選び、キャンバスに文字を入力しましょう。

キャンバスに文字を入力

 

 

テキストレイヤーを複製しよう

文字を入力したら、GIMPのシングルウィンドウモード初期設定では右下にある、レイヤーダイアログのテキストレイヤーの上にマウスポインタを持っていき右クリックして、レイヤーの複製をクリックしましょう。

テキストレイヤーを複製

 

 

レイヤーモードをEraseにしよう

次に、複製したテキストレイヤーがアクティブ(選択中のレイヤー)になってることを確認して、レイヤーモードを「Erase」にしましょう。

レイヤーモードをEraseに

 

 

レイヤーをキャンバスに合わせよう

今度は、はじめに文字を入力したテキストレイヤーの上で右クリックしてレイヤーをキャンバスに合わせるをクリックしましょう。

レイヤーをキャンバスに合わせる

 

 

文字のふちだけ残そう

レイヤーをキャンバスに合わせたら、テキストレイヤーがアクティブ(選択中)なのを確認して、メニューバーからFiltersBlurMedian Blurをクリックしましょう。

Median Blurをクリック

 

 

Median Blurダイアログが開きます。Alpha percentileを100.00にして「OK」をクリックしましょう。

Alpha percentileを100.00に

 

 

長い影を付けよう

最後にメニューバーからFiltersLight and ShadowLong Shadowをクリックしましょう。

Long Shadow

 

 

Long Shadowダイアログが開きます。プレビューを見ながら影の角度、長さ、色を設定し、イメージ通りにできたら「OK」をクリックしましょう。

Long Shadowを設定

 

 

出来上がり

これで透過(透明に)した文字に長い影を付けることができました。

透過した文字に長い影

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPのフィルター機能「Long Shadow」で長い影を付ける方法をご紹介しました。文字に「Long Shadow」を使うときは、いつもテキストレイヤーをキャンバスに合わせてから使いましょう。ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Links