GIMP 新しい画像の背景色を設定してみよう【初心者ナビ】

GIMP 新しい画像の背景色を設定してみようTOP

GIMPで「新しい画像」を作成したとき、背景色が白色になっていなくて困ったことはありませんか?GIMPを使い始めたばかりのときは、誰もが戸惑うんじゃないでしょうか?

GIMPを初めてインストールしたときの背景色は白色になっていますが、画像を作成してるうちに背景色の色を変えたりすると、次に「新しい画像」を作成したとき背景色の設定を何もしなければ、今選んでる色が背景色になってしまうんです。

今回は、「新しい画像」を作成するとき、背景色を毎回設定しなくてもいいようにする方法をご紹介します。

Sponsored Links

GIMPで新しい画像の背景色を設定する方法

GIMPで「新しい画像」を作成するとき、詳細設定をなにもしなければ今選んでる背景色で新しい画像が開きます。例えば、背景色が黒色になってると、新しい画像を作成したときは背景が真っ黒になります。

背景色が黒に

 

 

新しい画像作成時の背景色を設定してみよう

はじめに、ファイルから「新しい画像」を作成するときの背景色を設定する方法をご紹介します。

GIMPを起動したら、メニューバーからファイル新しい画像をクリックしましょう。

キーボードのCtrl+Nを同時に押すことでも「新しい画像」を作成することができます。
メニューバーから新しい画像をクリック

 

 

「新しい画像を作成」ダイアログが開きます。キャンバスサイズ(画像サイズ)を設定したら、「詳細設定」をクリックしましょう。

新しい画像を作成するときの詳細設定

 

 

詳細設定」をクリックすると、新しい画像を作成するときの細かな設定をすることができます。

背景色を設定するときは「塗りつぶし色」をクリックしましょう。

塗りつぶし色をクリック

 

 

塗りつぶし色」をクリックすると、5つの中から背景色を設定することができます。

塗りつぶし色の設定

背景色を設定

 

 

Sponsored Links

新しい画像の背景色を毎回おなじに設定してみよう

先ほどは「新しい画像」を作成するごとに、背景色を設定する方法をご紹介しました。次は、新しい画像を作成するとき、毎回背景は白色など同じ色しか使わないときの設定方法をご紹介します。

GIMPのメニューバーから編集設定をクリックしましょう。

GIMPの設定を開く

 

 

GIMPの設定ダイアログが開きます。左にあるメニューから新しい画像の設定をクリックしましょう。

GIMPの設定ダイアログ

 

 

「新しい画像作成時の初期設定」が開きます。詳細設定の「塗りつぶし色」を設定し「OK」をクリックすることで、毎回、新しい画像を作成するときは同じ背景色にすることができます。

塗りつぶし色の設定をしても反映していないときがあります。そんな時はGIMPを再起動してみましょう。

塗りつぶし色の設定

新しい画像作成時の初期設定

 

 

塗りつぶし色の設定

背景色は5つの中から設定することができます。

 

Foreground colar

Foreground colarを選ぶと、現在ツールボックスで設定している「描画色」で背景レイヤーを塗りつぶします。

描画色で塗りつぶし

 

 

Background colar

Background colarを選ぶと、現在ツールボックスで設定している「背景色」で背景レイヤーを塗りつぶします。

背景色で塗りつぶし

 

 

White

Whiteを選ぶと、白色で背景レイヤーを塗りつぶします。

白色で背景を塗りつぶし

 

 

Transparency

Transparencyを選ぶと、アルファチャンネルが追加され、背景レイヤーは何も色を塗らないで透明(透過)にします。

GIMPの初期設定では透明(透過)のときは市松模様になります。
色を塗らないで透明

 

 

Pattern

Patternを選ぶと、現在選択しているパターンで背景レイヤーを塗りつぶします。

パターンで背景を塗りつぶし

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPで新しい画像を作成するときの背景色を設定する方法をご紹介しました。毎回、背景色が同じで作業をするときは、ぜひ設定してみてくださいね。

Sponsored Links