GIMP 回転ツールの使い方【初心者ナビ】

GIMP 回転ツールの使い方TOP

GIMPで画像の編集や加工をしてるとき、写真などを回転させておしゃれなレイアウトにしたいんだけど、どうやったらできるの?って困っていませんか?

画像を回転させたいときは、「回転回転ツールアイコン」ツールを使うことで簡単に回転させることができます。

それではさっそく「回転」ツールの使い方を覚えてGIMPを使いこなしてみよう!

Sponsored Links

回転ツールとは

GIMPの変形ツールの一つ「回転回転ツールアイコン」ツールは、アクティブな(選択中の)画像・テキストレイヤー、選択範囲、パスを、直接マウスでドラッグするか、「回転」のダイアログから角度や座標を設定することで、簡単に回転することができる便利なツールです。

回転ツールの使用例

 

 

回転ツールの使用方法

ツールボックスの回転ツール

GIMPで「回転」ツールを使う場合は、以下の方法が用意されています。

  • ツールボックスの「回転」アイコン回転ツールアイコン
  • メニューバーからツール変形ツール回転
  • キーボード(ショートカットキー)shift+R

 

キー操作

CtrlCtrlキーを押すことで15度づづ回転することができます。

Sponsored Links

回転ツールの使い方

「回転回転ツールアイコン」ツールの使い方はとっても簡単です。画像を用意してツールボックスから「回転回転ツールアイコン」ツールを選び、いっしょに操作方法を覚えましょう。

今回は下の写真を用意しました。この写真を「回転」ツールを使って、画像の角度を変えて回転する方法をご紹介します。

Link写真は商用利用もOK!無料(フリー)写真人物素材のまとめの中から選びました。

用意した画像

 

 

写真を回転させてみよう

「回転回転ツールアイコン」ツールを選んだら、マウスポインタを画像の上または画像ウィンドウに持っていきます。マウスポインタが回転のマウスポインタにかわったら左クリックします。

画像または画像ウィンドウの上でクリック

 

 

クリックすると、回転させたい画像にグリッドが表示されると同時にダイアログが開きます。

アクティブ(選択中)のレイヤーが対象となります。
グリッドとダイアログが表示

 

 

次に、回転するときは、ダイヤログの角度を数値で設定またはスライダーで設定するか、グリッドにマウスポインタを持っていき左クリックしながら回転したい方向にドラッグします。

ドラッグして回転

 

 

思うところまで回転ができたら、ダイアログの「回転」をクリックします。

ダイアログの「回転」をクリック

 

 

回転すると、キャンバスからはみ出てしまい画像が途中で切れてしまっています。

キャンバスからはみ出してる

 

 

そんなときは、メニューバーから画像キャンバスをレイヤーに合わせるをクリックします。

キャンバスをレイヤーに合わせる

 

 

これで写真を回転させることができました。

回転できた

 

 

回転した画像の周りは透明になっています。周りを透明のままで保存するときはPNG形式で保存しましょう。また、周りが透明のままJPEG形式で保存すると、ツールボックスの今選択されている背景色で保存されます。

JPEG形式で保存

 

 

回転のダイアログ

回転のダイアログ

 

角度

数値を入力するかスライダーを左右どちらかに動かすことで回転することができます。

 

中心のx座標(X)、中心のy座標(Y)

回転の中心を数値で設定することができます。中心点回転の中心点はマウスでドラッグすることでも移動でき、画像以外の場所にも中心点をもっていくことができます。初期設定では「ピクセル単位」です。

回転の中心

 

 

回転のツールオプション

GIMPの「回転」ツールには以下のツールオプションが用意されています。

回転のツールオプション

 

変形対象、方向、補間アルゴリズム、クリッピング、プレビューを表示、ガイド

変形対象、方向、補間アルゴリズム、クリッピング、プレビューを表示、ガイドは、各「変形ツール」と共通のオプションです。

Link詳しくは遠近法のツールオプションをご覧ください。

 

 

15度ずつ回転

15度ずつ回転

「15度ずつ回転」にチェックを入れると、マウスをドラッグして回転するときに15度ずつ回転させることができます。

Ctrlキーを押しながらでも15度づづ回転することができます。
15度ずつ回転

 

 

おわりに

GIMPの変形ツールの一つ「回転」ツールの基本的な使い方をご紹介しました。このツールを使うことで簡単に画像を回転させることができるってわかりましたね。今回は写真の画像を回転してみましたが、ほかにもテキストレイヤー、選択範囲、パスを回転させることができます。画像の編集や加工にぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Links