GIMP 選択範囲をパスに変換して切り抜いてみよう

GIMP 選択範囲をパスに変換して切り抜いてみよう

今回は、GIMPで選択範囲をパスに変換して画像を切り抜く方法をご紹介します。選択範囲をパスに変換することで、人物などの複雑な写真をきれいに切り抜く編集時間が短縮でき作業効率がグ~ンとUPします。

それではさっそく、操作方法を覚えて素敵な画像を作りましょう!

Sponsored Links

GIMPで選択範囲をパスに変換する方法

いつものようにGIMPを起動して、以下の手順に沿っていっしょに進めてみましょう。

 

写真(画像)を開こう

まずは、切り抜きたい写真(画像)を開きましょう。

Link簡単に画像を開くことができます。GIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

今回はこちらの写真を使って人物を選択範囲にしてから、選択範囲をパスに変換して切り抜く方法をご紹介します。

Linkこちらの写真は商用利用もOK!無料(フリー)写真人物素材のまとめから選びました。

用意した写真

 

 

選択範囲を作成しよう

ツールボックスから画像に合わせた選択ツールを選び、選択範囲を作成しましょう。今回は、人物と背景がくっきり分かれているので「ファジー選択ファジーアイコン」ツールを選んで、選択範囲を作成しました。

Linkファジー選択ツールの詳しい使い方はGIMP ファジー選択の使い方【初心者ナビ】

ファジー選択ツールで選択範囲を作成

 

 

ファジー選択ツールを使って作成した今の選択範囲は、背景になってるのでツールバーから選択選択範囲の反転をクリックして人物を選択範囲にしましょう。

キーボードのCtrl+Iを同時に押すことでも選択範囲の反転をすることができます。
選択範囲の反転

 

 

選択範囲をパスに変換しよう

選択範囲を反転することができたら、メニューバー選択選択範囲をパスにをクリックしてパスに変換しましょう。

選択範囲をパスに

 

 

パスを表示しよう

次に、パスダイアログを開きます。開くと「選択範囲」というパス名で人物のパスが作成されています。人物のパスの上にマウスポインタを持っていき、右クリックしてメニューからパスのツールをクリックしましょう。

パスのツールを選択

 

 

「パスパスツールアイコン」ツールが選ばれ、アンカーポイントとセグメント(線)が表示しました。

アンカーポイントとセグメント(線)が表示

 

 

選択を解除しよう

最初に人物を囲った選択範囲を解除します。メニューバーから選択選択を解除をクリックしましょう。

選択を解除

 

 

パスを微調整しよう

写真(画像)を拡大して、選択範囲で作成されたパスのアンカーポイントとセグメント(線)の微調整をしましょう。

Linkパスツールの詳しい使い方はGIMP パスツールの使い方【初心者ナビ】

拡大してパスを調整

 

 

パスを選択範囲にしよう

パスの調整ができたら、今度はパスを選択範囲にします。メニューバーから選択パスを選択範囲にをクリックしましょう。

パスツールのツールオプションから「パスを選択範囲に」ボタンをクリックすることでもできます。また、キーボードのshift+Vを同時に押すことでもパスを選択範囲にすることができます。
パスを選択範囲に

 

 

今の選択範囲は人物になっています。背景を切り抜きたいのでメニューバーから選択選択範囲の反転をクリックしましょう。

キーボードのCtrl+Iを同時に押すことでも選択範囲の反転をすることができます。
選択範囲の反転

 

 

アルファチャンネルを追加しよう

選択範囲を反転したら、背景を透過(透明)に切り抜きたいのでアルファチャンネルを追加します。メニューバーからレイヤー透明部分アルファチャンネルの追加をクリックしましょう。

アルファチャンネルを追加

 

 

背景を消去しよう

アルファチャンネルを追加したら、最後にメニューバーから編集消去をクリックしましょう。

キーボードのDeleteキーを押すことでも消去できます。
背景を消去

 

 

出来上がり

消去すると、背景が市松模様になり透過(透明)人物だけを切り抜くことができました。あとは選択を解除しましょう。

選択範囲をパスに変換して切り抜いた写真

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPで選択範囲をパスに変換して切り抜いてみました。初めに選択ツールで選択範囲を作成しておき、パスに変換して微調整するだけなので、一からパスを作成していくよりは早く作業ができると思います。ぜひ試してみてくださいね。お疲れ様でした。

Sponsored Links