GIMP テキストに影を付けてみよう

GIMP テキストに影を付けてみようTOP

GIMPでテキスト(文字)に影を付けたいんだけど、どうやってするの?って思ってませんか?

文字の装飾はとっても大事です。見出しや伝えたい文字に影を付けることで、テキストを目立たせてアピールすることができますからね。GIMPではフィルター機能を利用することで簡単に影を付けることができます。

今回は、GIMPでテキスト(文字)に影を付ける方法をご紹介します。それではさっそく、操作を覚えて素敵な画像を作成しましょう。

Sponsored Links

GIMPでテキストに影を付ける2つの方法

GIMPには、「Drop Shadow」と「Drop Shadow(legacy)」というフィルター機能があります。どちらも使いやすく簡単に影を付けることができます。それぞれの機能をいっしょに操作してみましょう。

 

テキストを入力しよう

まずは、いつものようにGIMPを起動して、ツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選び、影を付けたい文字をキャンバスに描いてみましょう。

Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】

文字を入力

 

 

Sponsored Links

Drop Shadowでテキストに影を付ける方法

はじめに「Drop Shadow」でテキストに影を付ける方法をご紹介します。

 

テキストレイヤーをキャンバスに合わせよう

「テキストテキストツールアイコン」ツールで描いた文字の回りには黒色と黄色の点線があると思います。これはテキストレイヤーのサイズを表しています。この点線があるときに「Drop Shadow」を適用すると、テキストレイヤーのサイズ内で影を作ることになり影が途中で切れてしまいます。

なので、テキストレイヤーがアクティブ(選択中)になってるのを確認して、メニューバーからレイヤーレイヤーをキャンバスに合わせるをクリックして、レイヤーサイズをキャンバスサイズと同じ大きさにしましょう。

レイヤーをキャンバスに合わせる

 

 

文字に影を付けよう

テキストレイヤーをキャンバスに合わせたら、テキストレイヤーの回りにあった点線が消えます。次にメニューバーからFiltersLight and ShadowDrop Shadowをクリックしましょう。

Drop Shadowをクリック

 

 

Drop Shadowのダイアログが開きます。プレビューを見ながら影の位置や影のぼかし具合などを調整しましょう。

Drop Shadowのダイアログ

Drop Shadowの設定

  • X Y : 影の位置を調整
  • Blur radius : 影のぼかし半径の調整
  • Color : 影の色
  • Opacity : 影の透明度を調整

 

 

プレビューを見ながら、文字にイメージしている影をつけることができたら「OK」をクリックしましょう。

影の設定ができたらOKをクリック

 

 

出来上がり

「Drop Shadow」を使うことで、テキストに影を付けることができましたね。

Drop Shadowで文字に影

 

 

Drop Shadowのいいところ

Drop Shadowは、あなたがイメージしている影をプレビューを見ながら設定することができます。また、「Split view」にチェックを入れることで、影を付ける前と付けた後を比較することができる機能もいいですね。

影の比較

 

 

Drop Shadow(legacy)でテキストに影を付ける方法

続いて、「Drop Shadow(legacy)」を使ってテキストに影を付ける方法をご紹介します。

 

Drop Shadow(legacy)でテキストに影を付けてみよう

「テキストテキストツールアイコン」ツールで文字を描くところまでは同じです。Drop Shadow(legacy)ではテキストレイヤーサイズとキャンバスサイズを同じにする必要はありません。

メニューバーからFiltersLight and ShadowDrop Shadow(legacy)…をクリックしましょう。

GIMP2.8の場合は、フィルター照明と投影ドロップシャドウをクリックしましょう。
Drop Shadow(legacy)...を選択

 

 

Drop Shadow(legacy)ダイアログが開きます。Drop Shadow(legacy)では、プレビューを見ながら影を付けることはできません。なので、オフセットやぼかし半径、色などをイメージしながら設定しましょう。

「画像サイズ変更可」にチェックを入れておくことで、影がキャンバスサイズより大きくなった場合でも自動でキャンバスサイズも大きくなります。チェックを入れておきましょう。
Drop Shadow(legacy)ダイアログ

Drop Shadow(legacy)の設定

  • オフセット X : 左右(横)方向の影位置の調整
  • オフセット Y : 上下(縦)方向の影位置の調整
  • ぼかし半径 : 影のぼかし具合を設定
  • 色 : 影の色を設定
  • 不透明度 : 影の透明度を設定

 

イメージしている影の設定ができたら「OK」クリックしましょう。

影の設定ができたら「OK」

 

 

出来上がり

Drop Shadow(legacy)を使うことで、テキストに影を付けることができましたね。

Drop Shadow(legacy)でテキストに影

 

 

Drop Shadow(legacy)のいいところ

Drop Shadow(legacy)は、テキストレイヤーをキャンバスに合わせる必要がない為、作業が一つ減ります。また、作成された影は新しく「Drop Shadow」という名前のレイヤーで自動作成されます。

影のレイヤー

 

 

Drop Shadowの詳しい設定

 

オフセットの設定

ドロップシャドウのオフセット(X.Y)数値を変えることで、影の位置を変えることができます。

【オフセットX】 左右(横)方向への影位置の調整

マイナスにすると左方向に影を作ることができます。

【オフセットY】 上下(縦)方向への影位置の調整

マイナスにすると上方向に影を作ることができます。

オフセットの設定

 

 

Blur radius(ぼかし半径)

Blur radius(ぼかし半径)の数値を変えることで、影をくっきりさせたり、ぼかしたりすることができます。

影のぼかす半径比較

 

 

Color(色)

Color(色)をクリックすることで、Color(色)ダイアログが開き影の色を変えることができます。

影の色設定

 

 

Opacity(不透明度)

数値を変えることで、影の濃さを調整することができます。

不透明度を比較

 

 

画像サイズ変更可

チェックを入れることで、キャンパスより大きくなった影は自動的にキャンパスサイズが変更されます。

キャンパスサイズを変更したくない場合は、チェックを外しておきましょう。

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPでテキストに影を付ける2つの方法をご紹介しました。どちらの方法も簡単に影を付けることができます。あなたの作業しやすい方法で、素敵な画像を作成してくださいね。

Sponsored Links

よろしければシェアお願いします

Sponsored Links