GIMP2.10 日本語の縦書きに対応!縦書き機能の使い方

GIMPでテキストを縦書きしてみようTOP

GIMPでテキストを縦書きしたいんだけど、どうやってするの?って困っていませんか?

GIMP2.8以前のバージョンは、文字を縦書きにする機能がありませんでした。なのでプラグインを導入することでテキストを縦書きすることができていました。

Linkプラグインを導入して縦書きする方法GIMPでテキストを縦書きしてみよう【プラグイン編】

でも最新のGIMP2.10では、テキストを縦書きする機能が利用できるようになったことで、簡単に文字を縦書きすることができます。もちろん、プラグインを入れる必要はありません。今回は、GIMPの新機能でテキストを縦書きする方法をご紹介します。

それではさっそく、使い方を覚えて素敵な画像を作成しましょう。

Sponsored Links

GIMPでテキストを縦書きする方法

GIMPでテキストを縦書きする機能が追加されたのは、GIMP2.10.6からです。

なので、最新のGIMPをインストールして、縦書きする機能が使えるようにしましょう。

Link最新のGIMPをダウンロードする方法GIMP2.10をダウンロードしよう【初心者ナビ】

 

テキストツールを選ぼう

いつものようにGIMPを起動しましょう。GIMPを起動したら、新しい画像または画像を開きましょう。

Link画像を簡単に開くことができます。GIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

画像を開いたら、ツールボックスから「テキストツールテキストツールアイコン」を選びましょう。

テキストツールを選択

 

 

文字を入力しよう

「テキストツールテキストツールアイコン」を選んだら、縦書きにしたい文字をキャンバスに入力しましょう。

Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】

キャンバスに文字を入力

 

 

縦書きの種類を選ぼう

縦書きしたい文字を入力したら、テキストボックスの中にマウスポインタを持っていき、右クリックしましょう。

テキストボックス内で右クリック

 

 

テキストボックスの中で右クリックすると、テキストのメニューが表示します。このメニューの中に縦書きができる、いくつかの種類が用意されています。GIMPの初期設定では「左から右へ」となります。

ここでは、「GIMP」というテキストを入力してあるので、「Vertical,right-to-left(upright orientation)」を選んでみました。

Vertical,right-to-left(upright orientation)を選択

 

 

「Vertical,right-to-left(upright orientation)」をクリックすると、テキストを簡単に縦書きすることができます。

GIMPでテキストを縦書きすることができた

 

 

縦書きの種類

GIMPの新機能を使って、テキストを縦書きするときの種類がいくつか用意されています。

縦書きの種類

 

Vertical,right-to-left(mixed orientation)

Vertical,right-to-left(mixed orientation)では、英語、アルファベット、ローマ字などの横文字は縦書きできませんが、漢字やひらがな、カタカナを縦書きすることができます。

Vertical,right-to-left(mixed orientation)

 

 

Vertical,right-to-left(upright orientation)

Vertical,right-to-left(upright orientation)では、漢字やひらがな、カタカナはもちろん、英語、アルファベット、ローマ字などの横文字を縦書きすることができます。

Vertical,right-to-left(upright orientation)

 

 

Vertical,left-to-right(mixed orientation)

Vertical,left-to-right(mixed orientation)では、縦書きのテキスト行を左から右に設定することができます。また、英語、アルファベット、ローマ字などの横文字は縦書きできませんが、漢字やひらがな、カタカナを縦書きすることができます。

Vertical,left-to-right(mixed orientation)

 

 

Vertical,left-to-right(upright orientation)

Vertical,left-to-right(upright orientation)では、縦書きのテキスト行を左から右に設定することができます。また、漢字やひらがな、カタカナはもちろん、英語、アルファベット、ローマ字などの横文字を縦書きすることができます。

Vertical,left-to-right(upright orientation)

 

 

Sponsored Links

テキストエディターから縦書きしてみよう

GIMPの「テキストツールテキストツールアイコン」にはオプションから別ウィンドウを開いてテキストを入力したり編集したりすることができる「テキストエディター」があります。

この「テキストエディター」からも文字を縦書きすることができます。

「テキストツールテキストツールアイコン」を選んでる状態から、ツールオプションの「エディターウィンドウで編集」にチェックを入れましょう。

エディターウィンドウで編集

 

 

「エディターウィンドウで編集」にチェックを入れると、「GIMP テキストエディター」が開きます。

このテキストエディターの上にある、いずれかの縦書き用アイコンをクリックすることで、簡単にテキストを縦書きすることができます。

テキストエディターから縦書きする

 

 

縦書きしたテキストを横書きに戻してみよう

縦書きしたテキストを横書きに戻したいときは、もう一度テキストボックスの中にマウスポインタを持っていき、右クリックしましょう。

テキストボックス内で右クリック

 

 

テキストボックスの中で右クリックすると、テキストのメニューが表示します。横書きに戻したいときは「左から右へ」または「右から左へ」のどちらかを選ぶことで、縦書きしたテキストを横書きに戻すことができます。

縦書きを横書きに

 

 

ほかのテキストレイヤーを横書きに設定するときは

一度、縦書きに設定すると、次回のテキストレイヤーも縦書きになってしまいます。

次のテキストレイヤーを横書きにするときは、「テキストツールテキストツールアイコン」を選んでるとき、キャンバスにマウスポインタを持っていき、左クリックをしてテキストボックスを表示させます。

左クリックしてテキストボックスを表示

 

 

テキストボックスが表示したら、そのまま右クリックしましょう。テキストのメニューが表示します。「左から右へ」または「右から左へ」のどちらかを選びましょう。

「左から右へ」または「右から左へ」

 

 

左から右へ」または「右から左へ」のどちらかを選ぶとこで、横書きにすることができます。

横書きにすることができた

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMP2.10.6から利用できるようになったテキストを縦書きする機能をご紹介しました。待ちに待ったGIMPの新機能ですね。今までのようにプラグインを入れる必要が無いので、簡単に文字を縦書きすることができます。ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Links