GIMPで文字を円形や半円に沿って配置してみよう

GIMPでテキストを円形に沿って配置してみようTOP

GIMPで文字を円形や半円に沿わせて配置したいんだけど、どうやったらできるの?って困っていませんか?

ロゴやマークを作るときなんかに、円形に沿って文字を配置すると、ちょっとしたお洒落な画像を作成することができますね。

今回は、GIMPを使ってテキスト(文字)を円形に沿って配置する方法と、半円に沿って文字を配置する方法の2つをご紹介します。それではさっそく、操作方法を覚えて素敵な画像を作ろう!

Sponsored Links

GIMPでテキストを円形や半円に沿って配置する方法

GIMPを使って下のように円形や半円に文字を変形させて配置する方法をご紹介します。以下の手順に沿っていっしょにテキストを変形してみましょう。

テキストを円形や半円に沿って配置する方法

 

 

GIMPでテキストを円形に沿って配置してみよう

はじめにGIMPでテキスト(文字)を円形に沿って配置する方法をご紹介します。

テキストを円形に沿って配置

 

選択範囲を作成しよう

いつものようにGIMPを起動して、新しい画像を作成するか、円形の文字を入れたい画像を開きましょう。

Link簡単に画像を開くことができます。GIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

ツールボックスから「楕円選択楕円選択ツールアイコン」ツールを選び、キャンバスにあなたが思っている大きさの正円で選択範囲を作成しましょう。

Link楕円選択ツールの詳しい使い方はGIMP 楕円選択ツールの使い方【初心者ナビ】

選択範囲を作成

 

 

選択範囲をパスにしよう

選択範囲を作成したら、メニューバーから選択選択範囲をパスにをクリックしましょう。

選択範囲をパスに

 

 

文字を入力しよう

次に、ツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選び、フォントやサイズを設定して、キャンバスのどこでもいいので文字を入力しましょう。

Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】

このときの、テキストの色は何色でもいいです。後でテキストをパスにして塗りつぶすので、そのとき色を指定します。
文字を入力

 

 

円形に沿ってテキストを変形しよう

文字を入力したら、テキストレイヤーの上にマウスポインタを持っていき、右クリックします。メニューの中からパスに沿ってテキストを変形をクリックしましょう。

パスに沿ってテキストを変形

 

 

変形をクリックすると、円形のパスに沿ってテキストのパスが作成されました。

テキストのパスが作成

 

 

テキストの配置を調整しよう

テキストのパスは、円形の上から右回りでくるっと円に沿って配置していきます。思ったより文字の長さが足らなくて円全体に沿わないときは、文字のサイズを大きくするか、文字と文字の間を広げましょう。

キーボードのCtrl+Zを押して、一つ前の作業に戻しましょう。戻ったら、「テキストテキストツールアイコン」ツールを選んだままだと思います。もう一度、文字の上で左クリックしてテキストボックスを表示させましょう。次に、ツールオプションから「文字間隔文字間隔アイコン」の調整をしましょう。

文字間隔の調整

 

 

文字の間隔を調整したら、再びテキストレイヤーの上にマウスポインタを持っていき、右クリックしてパスに沿ってテキストを変形をクリックしましょう。

パスに沿ってテキストを変形

 

 

今度は円周よりテキストのパスが長くなってしまい、テキストのパスが変な方向に伸びています。この場合もう一度調整をしましょう。

テキストのパスが長い

 

 

このように文字の間隔を調整することで、テキストのパスを円形に沿わせることができます。

パスの調整ができた

 

 

テキストのパスを選択範囲にしよう

テキストのパスが思っているように円形に沿って配置できたら、パスのダイアログを開き、テキストパスの上で右クリックしてメニューからパスを選択範囲にをクリックしましょう。

パスを選択範囲に

 

 

新しいレイヤーを追加しよう

テキストのパスを選択範囲にすることができたら、メニューバーからレイヤー新しいレイヤーの追加をクリックしましょう。

新しいレイヤーを追加

 

 

「新しいレイヤーの追加」ダイアログが開きます。塗りつぶし方法を「透明」にして「OK」をクリックしましょう。

塗りつぶし方法を透明

 

 

円形のテキストパスに色をつけよう

新しいレイヤーを追加したら、円形に沿って配置する文字の色を「描画色」に設定します。ツールボックスから「描画色」をクリックして、あなたが思っている色を設定し「OK」をクリックしましょう。

描画色の変更

 

 

次にメニューバーから編集描画色で塗りつぶすをクリックしましょう。

描画色で塗りつぶす

 

 

選択範囲を解除しよう

塗りつぶしができたら、メニューバーから選択選択を解除をクリックしましょう。

選択を解除

 

 

テキストのパスを非表示にしよう

パスのダイアログを開いて、テキストのパスにある「目目のアイコン」のアイコンをクリックしてパスを非表示にしましょう。

テキストのパスを非表示

 

 

テキストレイヤーを非表示にしよう

最後に、キャンバスに残ってるテキストレイヤーを非表示にします。レイヤーのダイヤログを開いて、テキストレイヤーの「目目のアイコン」のアイコンをクリックしましょう。

テキストレイヤーを非表示に

 

 

円形に沿って配置した文字の出来上がり

これで円形に沿って文字を配置することができました。

円形に沿った文字の出来上がり

 

 

Sponsored Links

GIMPでテキストを半円に沿って配置してみよう

先ほどは、テキストを円形に沿って配置してみました。今度は、テキストを半円に沿って配置する方法をご紹介します。

テキストを半円に沿って配置

 

 

選択範囲を作成しよう

円形のときと同じように「楕円選択楕円選択ツールアイコン」ツールを選び、キャンバスにあなたが思っている大きさの正円で選択範囲を作成しましょう。

Link楕円選択ツールの詳しい使い方はGIMP 楕円選択ツールの使い方【初心者ナビ】

正円の選択範囲を作成

 

 

次にツールボックスから「矩形選択矩形選択アイコン」ツールを選び、Ctrlキーを押しながらドラッグして正円の下半分を選択しましょう。

Link矩形選択ツールの詳しい使い方はGIMP 矩形選択ツールの使い方【初心者ナビ】

正円の下半分を選択

 

 

Ctrlキーを押しながらドラッグすることで半円の選択範囲ができました。

半円の選択範囲ができた

 

 

選択範囲をパスにしよう

選択範囲を作成したら、メニューバーから選択選択範囲をパスにをクリックしましょう。

選択範囲をパスに

 

 

選択範囲のパスを表示しよう

パスのダイアログを開いて、半円形パス(選択範囲)の上で右クリックして、パスのツールをクリックしましょう。

パスのツールをクリック

 

 

「パスのツール」をクリックすると、「パスパスツールアイコン」ツールになって、アンカーポイントとセグメント(線)が表示されました。

アンカーポイントとセグメントを表示

 

 

選択範囲を解除しよう

半円形の選択範囲を解除します。メニューバーから選択選択を解除をクリックしましょう。

選択を解除

 

 

パスを編集しよう

次に下のセグメント(線)にマウスポインタを持っていき、一度クリックして、アクティブにします。アクティブになったら、キーボードのshift+Ctrlキーを押しながら、セグメント(線)の上で左クリックしましょう。左クリックすると、セグメント(線)が削除されます。

Linkパスツールの詳しい使い方はGIMP パスツールの使い方【初心者ナビ】

 
セグメントの上で左クリック

 

 

文字を入力しよう

次に、円形のときと同じように「テキストテキストツールアイコン」ツールを選びましょう。このとき、テキストツールを選んだのでパスの表示が消えますが、気にせずにキャンバスのどこでもいいので、半円形に沿わせたい文字を入力しましょう。

パスを表示したいときは、パスダイアログから半円(選択範囲)パスの「目」のアイコンを表示することで可視化できます。

Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】

 
文字を入力

 

 

半円に沿ってテキストを変形しよう

パスのダイアログを開き、テキストレイヤーの上で右クリックして、パスに沿ってテキストを変形をクリックしましょう。

パスに沿ってテキストを変形

 

 

変形をクリックすると、半円のパスに沿ってテキストのパスが作成されました。

半円のパスに沿ってテキストのパスが作成

 

テキストのパスが半円より短かったり長かったりしたときは、円形の2.5テキストの調整をみて配置の調整をしましょう。

 

 

テキストのパスを選択範囲にしよう

テキストのパスが思っているように半円に沿って配置できたら、パスのダイアログを開き、テキストパスの上で右クリックしてメニューからパスを選択範囲にをクリックしましょう。

パスを選択範囲に

 

 

新しいレイヤーを追加しよう

テキストのパスを選択範囲にすることができたら、メニューバーからレイヤー新しいレイヤーの追加をクリックしましょう。

新しいレイヤーを追加

 

 

「新しいレイヤーの追加」ダイアログが開きます。塗りつぶし方法を「透明」にして「OK」をクリックしましょう。

新しいレイヤーを追加

 

 

半円のテキストパスに色をつけよう

新しいレイヤーを追加したら、半円に沿って配置する文字の色を「描画色」に設定します。ツールボックスから「描画色」をクリックして、あなたが思っている色を設定し「OK」をクリックしましょう。

描画色の変更

 

 

次にメニューバーから編集描画色で塗りつぶすをクリックしましょう。

描画色で塗りつぶす

 

 

選択範囲を解除しよう

塗りつぶしができたら、メニューバーから選択選択を解除をクリックしましょう。

選択を解除

 

 

テキストのパスを非表示にしよう

パスのダイアログを開いて、テキストのパスにある「目目のアイコン」のアイコンをクリックしてパスを非表示にしましょう。

アイコンをクリックしてパスを非表示

 

 

テキストレイヤーを非表示にしよう

最後に、キャンバスに残ってるテキストレイヤーを非表示にします。レイヤーのダイヤログを開いて、テキストレイヤーの「目目のアイコン」のアイコンをクリックしましょう。

テキストレイヤーを非表示

 

 

半円に沿って配置した文字の出来上がり

これで半円に沿って文字を配置することができました。

半円に沿って文字を配置することができた

 

 

円形パスの編集で好きなところから配置することができる

円形パスのアンカーポイントやセグメント(線)を編集することで、テキストの始まりを好きなところからを配置することができます。

円形のパスに沿ってテキストは右回りでくるっと円に沿っていくので、以下のようにセグメント(線)を離すことで始まりを調整することができます。

Linkパスツールの詳しい使い方はGIMP パスツールの使い方【初心者ナビ】

パスを編集

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPでテキストを円形や半円に沿って配置する方法をご紹介しました。ロゴマークの画像を作成するときなどに、ぜひ試してみてくださいね。お疲れ様でした。

Sponsored Links