GIMPのテーマ(インターフェース)を変えてみよう

GIMPのテーマ(インターフェース)変えてみようTOP

GIMP2.10のデフォルトユーザーインターフェースは、ダークテーマが採用されました。

今まで慣れていたGIMP2.8のテーマに戻したいときや、ほかのテーマにしたいときは、4種類のテーマから選ぶことができます。

それではさっそく、お好みのテーマに変えてGIMPを楽しみましょう。

Sponsored Links

GIMPのテーマを変更する手順

いつものようにGIMPを起動しましょう。

 

設定画面を開こう

GIMPを起動したら、メニューバーから編集設定をクリックしましょう。

 

 

GIMPの設定ダイアログが開きます。

左のメニューからユーザーインターフェースの「テーマアイコンテーマ」をクリックしましょう。

GIMPの設定ダイアログからテーマをクリック

 

 

テーマを選ぼう

テーマの選択画面になります。

テーマは「Dark」「Gray」「Light」「System」の4つの中から選ぶことができます。テーマの種類をクリックすることでテーマカラーを確認することができます。

ちなみにGIMPの初期設定では「Dark」です。
GIMPのテーマを選択

 

 

Dark

Dark

 

Gray

Gray

 

Light

Light

 

System

System

 

 

お気に入りのテーマを見つけたら、「OK」をクリックしましょう。

テーマを選んだら「OK」をクリック

 

 

GIMP2.8のインターフェースにしてみよう

これまで慣れていた2.8のインターフェースにしたいときは、アイコンも変更します。

Linkアイコンのテーマを変更することができます。GIMPのアイコンサイズやテーマを変えてみよう

テーマ「System」、アイコンのテーマ「Legacy」を選ぶことで、2.10でも下のようなインターフェースにすることができます。

GIMP2.8のインターフェース

 

 

Sponsored Links

おわりに

いかがでしたか?GIMP2.10のテーマ(インターフェース)を変更する手順をご紹介しました。

ぜひ試してみてくださいね。

Sponsored Links