GIMP Unified Transformの使い方【初心者ナビ】

GIMP Unified Transformの使い方TOP

GIMP2.10から新しく追加された「Unified TransformUnified Transformアイコン」ツールの使い方をご紹介します。

この新ツールを使うことで、画像の矩形範囲を簡単に回転させたり剪断変形させたりと、自由に歪めることができる便利なツールです。

それではさっそく、「Unified Transform」ツールの使い方を覚えてGIMPを使いこなしてみましょう。

Sponsored Links

Unified Transformツールとは

GIMP2.10から新しく加わった変形ツールの一つ「Unified TransformUnified Transformアイコン」ツールは、今までからあった回転拡大縮小剪断変形遠近法の各ツールを組み合わせ、このツール1つの操作で画像に複数の変形を一度に行うことができる便利なツールです。

Unified Transformツールの使用例

 

 

Unified Transformツールの使用方法

Unified Transform

GIMPで「Unified Transform」ツールを使う場合は、以下の方法が用意されています。

  • ツールボックスの「Unified Transform」アイコンUnified Transformアイコン
  • メニューバーからツール変形ツールUnified Transform
  • キーボード(ショートカットキー)shift+T

Sponsored Links

Unified Transformツールの使い方

「Unified TransformUnified Transformアイコン」ツールの基本的な使い方はとっても簡単です。画像を開いて一緒に操作をしてみましょう。

今回はこちらの人物写真を使って、「Unified Transform」ツールを操作したいと思います。

Linkこちらの写真は商用利用もOK!無料(フリー)写真人物素材のまとめの中から選びました。

用意した写真

 

 

画像を開いたら、ツールボックスから「Unified TransformUnified Transformアイコン」ツールを選びましょう。

Unified Transformツールを選択

 

 

「Unified TransformUnified Transformアイコン」ツールを選ぶと、画像の周りに3種類のハンドルが表示します。

この各ハンドルをクリックしてドラックすることで、アクティブ(選択中)のレイヤーをいろんな形で変形することができます。

3種類のハンドルが表示

 

 

四角形のハンドルを操作してみよう

レイヤーの四隅と各エッジ(辺)中央にある四角いハンドルをクリックしながらドラッグすることで、「拡大・縮小拡大・縮小アイコン」ツールのように画像のサイズを拡大したり縮小したりすることができます。

Link拡大・縮小ツールの詳しい使い方はGIMP 拡大・縮小の使い方【初心者ナビ】

 

四隅の四角いハンドルを動かしてみよう

はじめに、レイヤーの四隅にある四角いハンドルを操作してみましょう。マウスポインタを四角形のハンドル四隅にある四角いハンドルに持っていくとハンドルは黄色に変わります。画像のサイズを変えたい方向にマウスをドラッグしましょう。

ドラッグすることで下のように画像を自由に拡大縮小することができます。

縦横比を固定するときはツールオプションの「Constrain」をご覧ください。
Unified Transformで画像を拡大縮小

 

 

各辺にある四角いハンドルを動かしてみよう

次は、各エッジ(辺)中央にある四角いハンドルを操作してみましょう。

マウスポインタをいずれかの各エッジ(辺)の中央にある四角形のハンドル中央にある四角いハンドルに持っていくとハンドルは黄色に変わります。画像のサイズを変えたい方向にマウスをドラッグしましょう。

この四角形のハンドルをドラッグすることで、水平または垂直方向に画像を拡大縮小することができます。

縦横比を固定するときはツールオプションの「Constrain」をご覧ください。
中央にある四角いハンドルで拡大縮小

 

 

思い通りに変形することができたら、Unified Transform Matrixの「Transform」をクリックしましょう。

やり直すときは「Reset」をクリックすることで元に戻すことができます。
変形確定

 

 

別ウィンドウボタンをクリックすることでUnified Transform Matrixを別ウィンドウで開くことができます。

Unified Transform Matrixを別ウィンドウで開く

 

 

Unified Transformダイアログ

Unified Transformダイアログ

 

 

ダイヤモンド形のハンドルを操作してみよう

今度はレイヤーの四隅にある四角形の中のダイヤモンド型のハンドルと、各エッジ(辺)にある白いダイヤモンド形のハンドルを動かしてみましょう。

 

四隅の四角形の中にあるダイヤモンド型のハンドルを動かしてみよう

四隅にある四角いハンドルの中にダイヤモンド形のハンドル四隅にある四角いハンドルがあります。このハンドルにマウスポインタを持っていき、ドラッグすることで「遠近法遠近法アイコン」ツールのように文字や画像に遠近感を加えて変形させることができます。

Link遠近法ツールの詳しい使い方はGIMP 遠近法の使い方【初心者ナビ】

画像に遠近感を加える

 

 

各辺にある白いダイヤモンド形のハンドルを動かしてみよう

各エッジ(辺)にある白いダイヤモンド形のハンドル白いダイヤモンド形のハンドルがあります。このハンドルにマウスポインタを持っていき、ドラッグすることで「剪断変形」ツールのように文字や画像を横方向または縦方向に変形させることができます。

Link剪断変形ツールの詳しい使い方はGIMP 剪断変形の使い方【初心者ナビ】

水平・垂直方向に変形

 

 

画像を回転してみよう

このUnified Transformツールは画像を回転させることができます。

画像以外のキャンバスにマウスポインタを持っていき、ドラッグすることで文字や画像を回転することができます。

Unified Transformツールで回転

 

 

思い通りに変形することができたら、Unified Transform Matrixの「Transform」をクリックしましょう。

やり直すときは「Reset」をクリックすることで元に戻すことができます。
変形確定

 

 

別ウィンドウボタンをクリックすることでUnified Transform Matrixを別ウィンドウで開くことができます。

Unified Transform Matrixを別ウィンドウで開く

 

 

Unified Transformダイアログ

Unified Transformダイアログ

 

 

Unified Transformのツールオプション

GIMPの「Unified Transform」には以下のツールオプションが用意されています。

Unified Transformのツールオプション

 

 

変形対象

変形対象

変形の対象を選択することができます。GIMPの初期設定では「レイヤー」になっています。

 

レイヤーを変形対象レイヤーを変形対象にします。

選択範囲を変形対象選択範囲を変形対象にします。

パスを変形対象パスを変形対象にします。

 

 

方向

方向

変形の方向を「正変換」「逆変換」から指定することができます。GIMPの初期設定では「正変換」です。

 

正変換

「正変換」は、レイヤー、選択範囲、パスの変形対象をハンドルの操作により変形させることができます。

 

逆変換

「逆変換」は、正変換とは逆で水平垂直になっていない傾きを補正したい場合などに効果があります。

 

 

補間アルゴリズム

補間アルゴリズム

「補間アルゴリズム」は、変形部分をどの色にするかを選択することができます。この設定により、変形の品質が変わります。GIMPの初期設定では「キュービック」になっています。

 

補間しない

元画像の一番近い画素の色が使われます。処理の時間は短くなりますが画像の品質が悪くなります。

 

線形

元画像の一番近い4つの画素の色の平均が使われます。処理の時間・画像の品質は「補間しない」と「キュービック」の中間になります。

 

キュービック

元画像の一番近い8つの画素の色の平均が使われます。処理の時間は長くなりますが、画像の品質が良くなります。

 

NoHalo

高品質の補間処理をしたいときに選択します。画像を元の大きさの半分以下に縮小するときはNoHaloを使用します。

 

LoHalo

高品質の補間処理をしたいときに選択します。回転や剪断のサイズを大きく減らさないときはLoHaloを使用します。

 

 

クリッピング

クリッピング

「クリッピング」は、変形後のサイズを4つの中から設定することができます。GIMPの初期設定では「自動調整」になっています。

 

自動調整

「自動調整」は、自動で変形後の大きさを合わせます。変形を行ったレイヤーサイズが大きくなります。

自動調整後の画像

 

 

変換前のレイヤーサイズ

「変換前のレイヤーサイズ」は、変形前のレイヤーサイズを元にして、はみ出した部分は削除されます。

変換前のレイヤーサイズ適用例

 

 

結果で切り抜き

「結果で切り抜き」は、変形後のレイヤーの周りに透明部分が残らないように切り抜かれます。

結果で切り抜き適用後

 

 

縦横比で切り抜き

「縦横比で切り抜き」は、「結果で切り抜き」の効果と同じになりますが、元画像の縦横比が維持されます。

縦横比で切り抜き適用後

 

 

プレビューを表示

プレビューを表示

GIMPの初期設定では「プレビューを表示」にチェックが入っています。このチェックを外すとガイドだけが表示され変形するときの画像は表示されません。

「プレビューの不透明度」はプレビュー画像の透明度を調整できます。初期設定では「100.0」です。

プレビューを表示・非表示

 

 

ガイド

ガイド

 

変形対象に構図の線(ガイド)を表示することができます。GIMPの初期設定では「表示しない」になっています。

 

表示しない

ガイドは表示されません。

ガイドを表示しない

 

 

センターライン

垂直な線と水平な線がそれぞれ真ん中に1本づつ表示されます。

センターラインを表示

 

 

三分割法

垂直な線と水平な線が等間隔でそれぞれ2本づつ表示されます。

三分割法を表示

 

 

五分割法

垂直な線と水平な線が等間隔でそれぞれ4本づつ表示されます。

五分割法を表示

 

 

黄金分割

変形部分に大小さまざまな9つの区画が表示されます。

黄金分割を表示

 

 

対角線構図

対角線で表示されます。

対角線構図を表示

 

 

グリッド線の数を指定

垂直な線と水平な線が同じ数で等間隔表示されます。下のスライダーで線の数を設定できます。初期設定では「15」です。

グリッド線の数を指定を表示

 

 

グリッド間隔を指定

グリッドのマス目の間隔を下のスライダーで幅の調整することができます。

グリッド間隔を指定

 

 

Constrain

Constrain

キーボードのshiftキーを押しながらハンドルを操作することで、オンオフにすることができます。

 

Move

Moveをオフにすることで、レイヤーの移動がスムーズになります。また、オンにすると、動きが中心から45°に制限されます。

 

拡大・縮小

拡大・縮小をオンにすることで縦横比を維持することができます。

拡大・縮小をオンオフ

 

回転

回転をオフにすることで滑らかに回転することができます。また、オンにすると、15°ずつ回転することができます。

 

剪断変形

剪断変形をオンにすることでレイヤーのエッジ(辺)に沿って変形することができます。GIMPの初期設定では「剪断変形」がオンになっています。また、オフにすると、エッジ(辺)から離れます。

 

遠近法

遠近法をオフにすることでエッジ(辺)から離れて自在に変形することができます。また、オンにすると、エッジ(辺)に沿って変形することができます。

 

 

From pivot

From pivot

キーボードのCtrlキーを押しながらハンドルを操作することで、オンオフにすることができます。

 

拡大・縮小

拡大・縮小をオンにすることで、操作しているハンドルの反対側も軸軸の周りで同時に拡大・縮小することができます。

拡大・縮小

 

剪断変形

剪断変形をオンにすることで、固定された軸(ピボット)軸の周りで剪断が行われます。操作しているハンドルの反対側も同じ量だけ変形させることができますが、反対方向に剪断されます。

剪断変形オンオフ

 

遠近法

遠近法をオンにすることで、軸(ピボット)軸が固定されます。

遠近法オンオフ

 

 

pivot

pivot

 

Snap

Snapをオンにすることで、軸(ピボット)軸が中央に近づきます。

キーボードのshiftキーを押しながらハンドルを操作することで、オンオフにすることができます。

 

Lock

Lockをオンにすることで、軸(ピボット)軸を固定することができます。

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMP2.10から新しく加わった変形ツールの一つ「Unified TransformUnified Transformアイコン」ツールの使い方をご紹介しました。

ほかの変形ツールに変えなくても、このUnified Transformツール1つでいろいろな変形をすることができるので凄く便利ですね。さらにオプションを組み合わせることで、変形は無限の可能性があります。いろいろ試してみてくださいね。

Sponsored Links