GIMPで矢印を描いてみよう(path-arrow-heads編)

path-arrow-heads編TOP

GIMPで使える矢印スクリプトはいくつかあります。

今回は、GIMP2.8に「path-arrow-heads」を導入して曲がった矢印を綺麗に描く方法をご紹介します。

Sponsored Links

path-arrow-headsをダウンロードしよう

下記のダウンロードページから、Ofnuts’ Gimp path toolsのサイトへ行き、「path-arrow-heads-0.0.py」のファイルをデスクトップなど、あなたがわかりやすい場所に保存しましょう。

GIMP2.10の場合、下の矢印スクリプトを導入しましょう。

ファイルを保存

 

ダウンロードページ

 

今回はデスクトップに保存しました。

path-arrow-heads-0.0.py

GIMPのスクリプトに入れよう

先ほどダウンロードして保存しておいたファイル「path-arrow-heads-0.0.py」を、ドラッグ アンド ドロップするかコピーして、Cドライブユーザーユーザー名.gimp-2.8plug-insの中に移動しましょう。

path-arrow-headsを使ってGIMPで矢印を描いてみよう

新しいレイヤーの追加でレイヤーを追加します。

次に「パス」ツールを選んで、すきなように線を描きます。

パスツールで線を線を引く

続いて、パスの境界線を描画をクリックして、線の太さなどを調整して描画をクリック。

パスの境界線を描画

パスダイアログを開き、先ほど曲がった線を描いたパスの上で右クリック。 Decoratearrow-headsを選択しましょう。

arrow-headsを選択

矢印の幅や長さ、前に矢印を付けるか、後か、両方か・・・など前もって調整できます。

path-arrow-heads設定画面

「OK」をクリックしたら矢印のパスが出てくるので、ここで角度などを調整してもOKです。

お好みのサイズになったら、パスの境界線を描画をクリックして、好きな線の太さなど調整して描画をクリックしましょう。

描画をクリック

曲がった矢印の完成です。

いろんな矢印が描けるのでおためしを。

矢印サンプル

おわりに

GIMP2.10で自由な線の矢印を描くときは、下記のスクリプトを導入しましょう。

Sponsored Links

よろしければシェアお願いします