GIMP 画像や文字を回転させてみよう

GIMP 画像や文字を回転させてみようTOP

GIMPで画像や文字を回転させたいんだけど、どうしたらできるの?って困っていませんか?

画像や文字を回転したいときは、「回転回転ツールアイコン」ツールを使うと自由な角度で簡単に回転することができます。

今回はGIMPを使って、画像や文字を回転する方法をご紹介します。

それではさっそく、操作方法を覚えて素敵な画像を作ろう!

Sponsored Links

画像を回転させる方法

はじめに画像を回転する方法をご紹介します。以下の手順に沿っていっしょに画像を回転してみましょう。

 

画像を開こう

いつものようにGIMPを起動して回転させたい画像を開きましょう。

Link簡単に画像を開くことができます。GIMPで画像を簡単に開いてみよう【初心者ナビ】

今回はこちらの写真を使って回転する方法をご紹介します。

Linkこの写真は商用利用もOK!無料(フリー)写真人物素材のまとめの中から選びました。

編集前の写真

 

 

回転ツールを使おう

画像を開いたら、ツールボックスから「回転回転ツールアイコン」ツールを選び、キャンバスにマウスポインタを持っていき左クリックしましょう。

Link回転ツールの詳しい使い方はGIMP 回転ツールの使い方【初心者ナビ】

回転ツールを選択

 

 

クリックすると、画像にグリッドが現れると同時に回転のダイアログが開きます。

アクティブ(選択中)のレイヤーが対象になります。
グリッドとダイアログが表示

 

 

回転ダイヤログから角度の数値を変更するか、その下にあるスライダーを左右どちらかに動かすか、グリッドにマウスポインタを持っていきドラッグすることで回転することができます。ここではドラッグして回転してみました。

ドラッグして回転

 

 

回転する角度が決まったら、ダイヤログの「回転」をクリックするか、キーボードのEnterキーを押すことで回転することができます。

回転をクリック

 

 

画像を回転することはできましたが、回転したことによってキャンバスから画像がはみ出しています。次でキャンバスのサイズを回転した画像に合わせましょう。

キャンバスからはみ出してる

 

 

キャンバスのサイズを回転した画像に合わせるには、メニューバーから画像キャンバスをレイヤーに合わせるをクリックしましょう。

マウスを右クリックすることでもメニューが開き選択できます。
キャンバスをレイヤーに合わせる

 

 

キャンバスをレイヤーに合わせるをクリックすると、キャンバスのサイズが回転した画像の大きさに合わせてピッタリになって、はみ出して隠れていた部分もキャンバス内に収まりました。

キャンバスサイズがぴったり

 

 

複数の画像を同時に回転してみよう

次は、画像のレイヤーが複数あるとき、その複数のレイヤーを同時に回転する方法のご紹介です。

こちらは、くまのレイヤーと肉球のレイヤーがあります。通常は下のようにアクティブ(選択中)のレイヤーが回転の対象となります。

選択中のレイヤーだけ回転

 

 

レイヤーグループを作成しよう

複数のレイヤーを同時に回転するときは、レイヤーダイアログの下にある「新しいレイヤーグループを作成」をクリックしましょう。クリックすると「レイヤーグループ」が作成されます。

メニューバーからレイヤー新しいレイヤーグループをクリックすることでも作成することができます。
レイヤーグループを作成

 

 

レイヤーグループを作成したら、画像レイヤーをドラッグしてレイヤーグループの中に入れましょう。

ドラッグしてレイヤーグループに移動

 

 

同時に回転してみよう

レイヤーグループの中に回転させたい画像レイヤーを入れたら、レイヤーグループをアクティブ(選択中)にして、キャンバスの上で左クリックすると複数の画像を同時に回転することができます。

複数の画像を回転

 

 

これで、複数の画像を同時に回転することができました。

複数の画像を同時に回転することができた

 

 

Sponsored Links

文字を回転する方法

今度は文字を回転してみましょう。文字を回転する方法は、画像を回転する方法と同じです。

 

文字を入力しよう

ツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選び、キャンバスに文字を描きましょう。

Linkテキストツールの詳しい使い方はGIMP 文字を入力してみよう【初心者ナビ】

文字を入力

 

 

回転ツールを使おう

文字を入力したら、ツールボックスから「回転回転ツールアイコン」ツールを選び、キャンバスの上で左クリックして回転させましょう。

テキストレイヤーをアクティブ(選択中)にしておきましょう。
ドラッグして回転

 

 

思うところまで回転できたら、ダイヤログの「回転」をクリックするか、キーボードのEnterキーを押しましょう。

ダイヤログの「回転」をクリックするか、キーボードのEnterキーを押す

 

 

これで、文字を回転することができました。

文字を回転することができた

 

 

回転した文字を修正したいときは

文字を回転してから、フォントを変えたいとか、もう少し文字を大きくしたいなって思うこともありますね。一度、文字を回転してしまうとテキストレイヤーではなく、画像レイヤーになってしまいます。そんなときは、もう一度ツールボックスから「テキストテキストツールアイコン」ツールを選び、キャンバスの上で左クリックします。

すると、「文字編集確認」のダイアログが開きます。ここで、「新しいテキストレイヤーの追加」または「編集」をクリックしましょう。

文字編集確認ダイアログ

 

 

新しいテキストレイヤーの追加

「新しいテキストレイヤーの追加」をクリックすると、回転する前と同じテキストレイヤーが追加されます。この追加されたテキストレイヤーを修正して、もう一度回転ツールで回転させましょう。

テキストレイヤーの追加

 

 

編集

「編集」をクリックすると、回転する前のテキストレイヤーに戻ります。ここでもう一度文字を修正して回転ツールで回転しましょう。

文字を編集して回転

 

 

おわりに

いかがでしたか?GIMPで画像や文字を回転する方法をご紹介しました。画像や文字を回転することで素敵な画像が作れそうですね!ぜひ試してみてくださいね。お疲れさまでした。

Link回転ツールの詳しい使い方をマスターすることで、いろんな回転ができるようになります。GIMP 回転ツールの使い方【初心者ナビ】

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA