Inkscape 作成途中の内容を保存してみよう【初心者なび】

Inkscape 作成途中の内容を保存してみようTOP

Inkscapeを使って、ロゴや画像を作成してる途中なんだけど時間がないから、途中までの作業内容を保存したい、出来上がった画像を後で再編集するかもわからないから、作業内容を保存したいんだけど、保存方法がわからないって困っていませんか?

Inkscapeを使い始めたばかりのとき、だれもが一度は戸惑う操作の1つですね。今回は、Inkscapeの作業内容を保存する方法ドキュメントの内容を保存してみましょう。

Sponsored Links

Inkscapeの保存方法

Inkscapeで画像を保存するときは、大きく分けて2つの方法があります。1つは出来上がった画像をWebページなどで使えるようにPNG形式の画像として保存する方法と、もう一つは、ベクター画像としてWEBで表示したり作業の内容が保存できるSVGファイル形式があります。

今回は、作業途中や再編集したいドキュメントの内容を保存したいのでSVGファイル形式で保存する方法です。

LinkWebページなどで使えるように保存するときはInkscape 作った画像を保存してみよう【初心者なび】

 

Inkscapeで作業内容を保存してみよう

Inkscapeで作成途中や後で再編集したい画像などのドキュメントを保存する場合は、「保存」または「名前を付けて保存」から保存方法を選びます。

 

保存

Inkscapeで新規ドキュメントの作業内容を保存するときは、メニューバーからファイル保存をクリックするか、右側にあるコマンドバーのドキュメントを保存アイコンドキュメントを保存」をクリックしましょう。

キーボードのCtrl+Sを押すことでも「ファイルの保存先の選択」を開くことができます。
保存またはドキュメントを保存

 

 

「保存」または「ドキュメントを保存」をクリックすると、「ファイルの保存先の選択」ダイアログが開きます。

保存したい場所を選択し、ファイル名を入力して、「保存」をクリックしましょう。ここでは保存先を、デスクトップにしてみました。

初期設定での「ファイルの種類」は「Inkscape SVG」となっています。Inkscapeで作業する場合は、このファイル形式のままで保存します。
保存先を選択して保存

 

 

「保存」をクリックすると、SVGファイル形式で保存することができました。はじめてSVGファイル形式で保存すると、Internet ExplorerやFirefoxなどのブラウザアイコンになる場合があります。

デスクトップに保存

 

 

ブラウザのアイコンになっているSVGファイルををクリックしてみると、ベクター画像としてWEBで表示することができますが、このままでは、作業を再開したり再編集をすることができません。

ベクター画像としてWEBで表示

 

 

Inkscapeを使って、作業途中を再開したり、画像を再編集したいときは、ブラウザのアイコンになっているSVGファイルを右クリックして、プログラムから開く別のプログラムを選択をクリックしましょう。

別のプログラムを選択

 

 

「このファイルを開く方法を選んでください。」のダイアログが開きます。その他のオプションから「Inkscape vector graphics editor」を選び「常にこのアプリを使って.svg ファイルを開く」にチェックを入れ「OK」をクリックしましょう。

Inkscape vector graphics editorを選択

 

 

「OK」をクリックすると、SVGファイルはInkscapeのアイコンになって、Inkscapeが起動します。これで、作業を再開したり、再編集をすることができるようになります。

Inkscapeのアイコンに

 

 

保存するときの注意点

すでに同じファイル名がある場合、「保存」をクリックすると、上書きしてしまいます。上書きしたくないときは、次の「名前を付けて保存」でドキュメントを保存しましょう。

「上書きしますか?」とは聞いてこないので注意しましょう。

 

 

名前を付けて保存

別名で保存したいときや、すでにあるSVGファイルを上書きしたくないときは、メニューバーからファイル名前を付けて保存から保存しましょう。

キーボードのshift+Ctrl+Sを押すことでも「ファイルの保存先の選択」を開くことができます。
名前を付けて保存

 

 

名前を付けて保存」をクリックすると、「ファイルの保存先の選択」ダイアログが開きます。

保存したい場所を選択し、ファイル名を入力して、「保存」をクリックしましょう。

名前を付けて保存

 

 

「名前を付けて保存」では、間違って同じファイル名で「保存」をクリックしても「ファイル名はすでに存在します。上書きしますか?」と聞いてくるので、上書きしたくないときは「キャンセル」をクリックしましょう。

上書きしますか?と聞いてくる

 

 

コピーを保存

SVGファイルとして開いてるドキュメントを、別のファイルとして保存したいときは、メニューバーからファイルコピーを保存を選びましょう。

キーボードのshift+Ctrl+Alt+Sを押すことでも「ファイルの保存先の選択」を開くことができます。
コピーを保存

 

 

「コピーの保存先の選択」ダイアログが開きます。

たとえば、PDF形式として書き出したいときは、ファイルの種類を「Portable Document Format(*.pdf)」にして「保存」しましょう。

Portable Document Format(*.pdf)

 

 

「保存」をクリックすると、存在しているSVGファイルのほかにPDFファイルとしても保存することができます。

PDFファイルで保存

 

 

Sponsored Links

おわりに

いかがでしたか?Inkscapeで作成途中や後で再編集したい画像などの作業内容を保存する方法をご紹介しました。作業内容を保存するときは「保存」または「名前を付けて保存」から保存しましょう。

Sponsored Links

よろしければシェアお願いします

Sponsored Links