Inkscape 星や多角形を描いてみよう【初心者なび】

Inkscape 星や多角形を描いてみようTOP

Inkscapeで星や多角形などの図形(シェイプ)を描きたいときは、「星形ツール星形ツールアイコン」を使うことで簡単に描くことができます。

今回は「星形ツール」の基本的な使い方を、初心者のあなたにもわかりやすくご紹介します。

それではさっそく、操作方法を覚えて素敵な画像を作成しよう。

Sponsored Links

星形ツールとは

Inkscapeの「星形ツール星形ツールアイコン」は、「星」や「多角形」などの複雑な図形を、だれでも簡単に描くことができる便利なツールです。

星形ツールで作成した図形のサンプル

 

星形ツールの使用方法

「星形ツール星形ツールアイコン」を使用する場合には、以下の方法が用意されています。

  • ツールボックスの「星形ツール」アイコン星形ツールアイコン
  • キーボード(ショートカットキー)shift+*

 

Sponsored Links

星形を描いてみよう

Inkscapeを起動して、いっしょに星を描いてみましょう。

はじめに、ツールボックスから「星形ツール星形ツールアイコン」を選びましょう。

星形ツールを選択

 

 

「星形ツール星形ツールアイコン」を選んだら、ツールコントロールバーの「星形星形アイコン」をクリックしましょう。

次に、星を描きたいところまでマウスポインタを持っていき、左クリックしながらドラッグしましょう。

ドラッグすることで、簡単に好きなサイズの星形を描くことができます。

また、キーボードのCtrlキーを押しながらドラッグすることで、15度づつ角度を変えることができます。
左クリックしながらドラッグ

 

 

多角形を描いてみよう

今度は多角形を描いてみましょう。ツールボックスから「星形ツール星形ツールアイコン」を選びましょう。

次に、ツールコントロールバーの「多角形多角形のアイコン」をクリックしましょう。先ほど星を描いたときと同じように、多角形を描きたいところにマウスポインタを持っていき、左クリックしながらドラッグしましょう。

ドラッグすることで、簡単に好きなサイズの多角形を描くことができます。

また、キーボードのCtrlキーを押しながらドラッグすることで、15度づつ角度を変えることができます。
多角形を描く

 

 

編集してみよう

Inkscapeの星形ツールでは、外側のハンドルと内側のハンドルの2つのハンドルを動かしたり、ツールコントロールバーの設定を変えることで、描画した星形や多角形のサイズを変えたり、角を丸めたり、回転させたり、ねじったり、星の長さを変えたりと星をさまざまな形にすることができます。

外側のハンドルは「頂点半径」、内側のハンドルは「基準半径」といいます。
2つのハンドルで星を編集

 

 

多角形の場合、1つのハンドル「頂点半径」のみになります。

多角形は一つのハンドルで編集

 

 

サイズを変えてみよう

描画したオブジェクト(星形や多角形)の大きさ(サイズ)を変えたいときは、外側のハンドルまたは内側のハンドルにマウスポインタを持っていき、ドラッグすることで自由な大きさに変更することができます。

星形の場合、外側のハンドルをドラッグしたときは内側のハンドルは固定されます。また、内側のハンドルをドラッグしたときは外側のハンドルは固定されるのでスポーク比(長さ)も変わります。

キーボードのCtrlキーを押しながらドラッグすることで角度を固定することができます。
サイズの変更

 

 

スポーク比

スポーク比

スポーク比は「頂点半径」と「基準半径」の比率を表したものです。たとえば、スポーク比が0.500の場合、中心から先端までの長さ(頂点半径)を1にしたときは、中心からくぼんだ部分までの長さ(基準半径)は0.5となります。

また、スポーク比を1.000にした場合、「頂点半径」と「基準半径」の長さが同じになるので10角形となります。

スポーク比を比較

 

 

ねじれを元に戻すときは

サイズを変更するとき、内側のハンドルをねじって星が変形しまったときには、ハンドルにマウスポインタを持っていき、キーボードのCtrlキーを押しながら左クリックすることで、ねじれを元に戻すことができます。

ねじれを元に戻す

 

 

移動してみよう

作成した星を移動するときは、星の真ん中にある×にマウスポインタを持っていき、左クリックしながらドラッグすることで自由な位置に移動することができます。

ドラッグして移動

 

 

回転してみよう

全体を回転させたいときは、外側にある四角いハンドルにマウスポインタを持っていき、左クリックしながらドラッグすることで自由に回転することができます。

外側のハンドルをドラッグして回転

 

 

また、内側のハンドルを左右どちらかにドラッグすると、外側のハンドルは固定された状態で、回転することができます。

内側のハンドルをドラッグして回転

 

 

以下のように、内側のハンドルを回していくと、いろんな形に変化していきます。

変形した星を元に戻したいときは、キーボードのCtrlキーを押しながらハンドルをクリックすることで元に戻すことができます。

内側のハンドルを回したときの変化

 

 

角の数を変えてみよう

ツールコントロールバーの「角」の数値を変更すると、星形や多角形の角(頂点)の数を増やしたり減らしたりすることができるので、以下のように三角形やギザギザアイコンなどを簡単に作成することができます。

角の数を変更

 

 

角を丸めてみよう

星形や多角形の角を丸めるときは、マウスポインタをいずれかのハンドルに持っていき、shiftキーを押しながらドラッグすることで角を丸くすることができます。

また、ツールコントロールバーの「丸め丸め」の数値を設定することでも、角を丸くすることができます。
shiftキーを押しながらドラッグして角を丸く

 

 

以下のように、ドラッグしながらハンドルをどんどん動かしていくと、いろんな形に変化していきます。

いろんな形に変化

 

 

丸めた角を元に戻したいときは

角の丸めを元に戻したいときは、ハンドルにマウスポインタを持っていき、shiftキーを押しながらクリックすることで元の状態に戻ります。

丸めた角を元に戻す

 

 

一方だけの角を丸めてみよう

「星形ツール星形ツールアイコン」を使って、星形や多角形のハンドルをshiftキーを押しながらドラッグするか、ツールコントロールバーの「丸め」の数値を設定することで「頂点半径」と「基準半径」の角を同時に丸くすることができますが、一方だけの角を丸めたいときもあると思います。

そんな時は、メニューバーからパスダイナミックオフセットをクリックしましょう。

キーボードのCtrl+Jからでもダイナミックオフセットを使用することができます。
ダイナミックオフセットを使用した場合、星形ツールでの再編集はできなくなるので注意してくださいね。
ダイナミックオフセットを選択

 

 

ダイナミックオフセットを選択すると、ツールボックスのアイテムは「ノードツールノードツールアイコン」に切り替わります。

今度は1つのハンドルだけになります。このハンドルを外側または内側にドラッグすることで、「頂点半径」または「基準半径」のどちらか一方だけの角を丸くすることができます。

一方だけの角を丸く

 

 

ランダムに変形してみよう

星形ツールには、「ランダム化」に変形する機能があります。いずれかのハンドルにマウスポインタを持っていき、Altキーを押しながらドラッグすることで不規則に変形させることができます。

変形させた後、さらにキーボードのshiftキーを押しながらハンドルをドラッグすることで角を丸くすることができます。

また、ツールコントロールバーから「ランダム化」ランダム化の数値を設定することでも、不規則に変形させることができます。

ランダムに変形のサンプル

 

 

初期設定に戻してみよう

描画した星形や多角形を、ツールコントロールバーの「シェイプのパラメーターをデフォルトにリセットリセットボタン」ボタンを押すことで、初期の状態に戻すことができます。

初期の状態に戻す

 

 

おわりに

いかがでしたか?Inkscapeの「星形ツール星形ツールアイコン」を使って、星形や多角形を描く方法をご紹介しました。複雑な図形を作成したいときは、このツールを使うことで簡単に描くことができますね。ハンドルの動きで、いろんな形に変化することができるので、いろいろと試してみてくださいね。お疲れ様でした。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。