コピペでOK!右クリック禁止!コピーされないようにしよう

テキストコピー禁止TOP

アフィリエイトやドロップシッピングなど、一生懸命に作成したサイト…

せっかく、苦労して考えて書いた記事やキャッチコピーなどの文字をコピーされたらたまったもんじゃありませんし、SEO的にもよくありませんね。

今回は、簡単なコードを記述するだけで、サイトやブログの文字をコピーされないようにする方法をご紹介します。

Sponsored Links

右クリック禁止にする方法

右クリックを禁止する方法はすごく簡単にできます。

今回は、HTMLソースのbody要素に追加記述して、右クリックをできなくする方法と、CSS(スタイルシート)にソースを追加記述して、文字をなぞっても選択できなくしてしまう方法の2つをご紹介します。

 

 

ドラッグしても文字を選択できないようにCSSに記述しよう

ドラッグして文字をなぞっても選択できないようにする方法は、以下のソースをCSSのbodyに追加することでハイライトできなくなります。

※CSS3未対応のブラウザで制御できません。

body{
}

の中に、下記を記述します。

 

 

Sponsored Links

右クリック禁止のソースをHTMLに記述しよう

続いて、HTMLのbodyタグに下記を記述して右クリックをできないようにします。これを記述することで、キーボードのアプリケーションキーを押しても同じような効果があります。

 

こんな感じで記述します。

bodyタグに記述することで、ページ全体のテキストをコピーできなくします。

 

 

おわりに

CSSとJavaScriptで、テキストをコピーされることは、ほぼ防ぐことができます。

お疲れ様でした。

Sponsored Links

SNSでもご購読できます。

コメント

  1. 秀樹 より:

    コメント初めまして秀樹です。
    ブログ読ませて頂きました。
    勉強になりました。
    これからの参考にさせて頂きます。
    ただ、どんなだけ、対策しても
    記事をコピーされることもあるので、
    気にしないのが一番かもしれませんね。
    今後も時々、ブログを拝見させて頂きます。
    を入力ください

コメントを残す

*

CAPTCHA